ストレングスファインダー

【丸本昭コーチ】3ヶ月コーチングを受けた心の変化【ストレングスファインダー】

なの
なの
こんにちは、ストレングスファインダーオタクのなのです

先日までストレングスファインダーを使ったコーチングを、3ヶ月間受けていました。

ずっと気になっていた継続的なコーチング。
でも実は、コーチングを申込む前は「自分でも変われるのかな」「目に見えないものにお金を払って後悔しないかな」という不安もありました。
自分の周りにも、コーチをつけてメンタル面を見つめるなんてことをやっている人は皆無で、ストレングスファインダーやコーチングについてよく知らない人からは「おう…なんか意識高いじゃん…」と言われる始末。

ですが実際に継続的なコーチングを受けてみて、ジワジワと良い変化が起きていたと感じています。

今回コーチングをお願いしたのは、わたしが持っていない資質【未来志向】を持っている丸本昭コーチ
未来へのナビゲートをしてもらいながら、自分自身と向き合った3ヶ月間の記録です。

なの
なの
「コーチングって実際どうなの?」という人に、一例としてイメージをお伝えできたら嬉しいです。

3ヶ月のコーチングで変化したこと

コーチングを受ける前のわたしは、次のような心の状態でした。

  • そもそもやりたいことがよくわからない
  • 何事も完璧じゃないとやってはいけない
  • いつも葛藤があり、深刻に考えすぎる

そしてコーチングを受けた3ヶ月後、

  • 自分への許可出しができるようになった
  • 行動の一歩が踏み出しやすくなった
  • メンタルブロックの存在に気づけた

こうした変化がありました。

これまで、ある程度自分の持つ資質についての理解はしているつもりでした。
が、上位資質であればあるほど自分にとっては当たり前のことすぎて、強みを自覚することが難しくなる上に、弱点になってしまうこともあります。
コーチングで客観的な意見をもらえたことで、改めて自己理解が深まったと感じています。

リスク回避ばかりを考え臆病になっていた自分が、物事を主体的に捉えられるようになったは、紛れもなくコーチングのおかげだと思っています。

コーチングレポ

わたしが受けたのは、月2回のオンラインセッション(1回60分)×3ヶ月。
なので、セッション回数としては3ヶ月間で6回です。

その時々では特別変化している実感はありませんでしたが、振り返ると、ゆっくりと確実にコーチングが効いていたな…と思います。

心が変われば行動が変わり、環境にも変化が出ることを体感した3ヶ月間。
月ごとの経過をレポします!

1ヶ月め「メンタルブロックすごいあるじゃん…」

「長期的なコーチングって初めてだけど、どんな感じなんだろう…」

何か準備した方がいいのかな…なんて思いつつ、「ま、なるようになるか」という適応性メンタルを発揮して迎えた初セッション。

「どんなコーチングだと嬉しいですか?」という質問に対して、「感じたことはストレートに言ってもらいたい」「未来について考える時間にしたい」とリクエストしました。

コーチングの中で自分の考えを深掘りしているうちに、本当はやってみたいことを、「どうせできない」「否定されるかもしれない」「まずそもそもスキルが足りない」と自ら打ち消していたことがわかりました。

ウンウンと葛藤するわたしに、丸本コーチは一言。

「…やりゃあいいのに!笑」

その言葉で、いかに自分で行動にブレーキをかけているのかに気づけました
セッション早々、自分のメンタルブロックと対峙することになったのです。

未来を描くたびに顔を出したメンタルブロックちゃん。
これまでも散々洗い出してきたと思っていましたが、自分にはなかった「未来」の視点から物事を考えたことで、隠れていた部分が露呈することになりました。

なの
なの
とはいえまだ行動するには勇気がいる…ひたすらメンタルブロックについて自分を取り調べした1ヶ月め

2ヶ月め「あれ?正しく怒れるようになってきてない?」

相変わらず未来を描くことは苦手でしたが、セッション中に出てくる本音に自分でも驚きつつも、丸本コーチからも「こういうこともできそうだよね」とアイディアを頂いたおかげで、ボンヤリしていたものが見えてきました。

少しずつ自分の望みがクリアになり、丸本コーチにも「なんだか…楽しそうですね」と言われるようになっていました。
自分でもわかるくらい、これからの未来にワクワクしていました。

また、日常生活で正しく怒れるようになっていたことにも気付きました。
資質(責任感×回復志向)が関係しているのか、はたまた他の理由なのか、わたしはずっと自分を責める癖がありました。

でも、セッション中に客観的な意見を貰うことで、認知の歪みにもたくさん気づくキッカケがあり、自然と【事実】と【感情】を分けて考えられるようになっていきました。

ネガティブな感情が発動しても「怒りを感じる自分は心が狭い」「このくらいで悲しくなる自分が間違っているのでは」…など思う癖がありしたが、むやみやたらに自分を責めなくなったなと思います。

なの
なの
人の目より、自分がやりたいかで動けるようになったのが2ヶ月め

3ヶ月め「チャレンジへのフットワークが軽くなってきた…!」

自分の想いを言葉にして、自分の耳でも聞いているうちに、行動に対する心理的なハードルも低くなったと感じます。

この頃から【イラスト】×【ストレングスファインダー】の2つの「好き」を組み合わせて、資質ごとのイラストを描きTwitterに載せるようになりました。
「この程度の知識で描いてもいいのかな…」というメンタルブロックを打破できた結果です。

また【動物】×【カメラ】の組み合わせで、アウトプット用にInstagramのアカウントも作りました。
「プロレベルの写真なんて撮れないしな…」というメンタルブロックもクリアです。

完璧な仕上がりではなくても、続かなくなっても、今の「やりたい」を抑える必要はないんだなと、気軽に考えられるようになっていました。

小さな「自分で動く」「無いものは作る」という成功体験をすることで、仕事や生き方に対しての価値観も前向きなものに変化していました。

なの
なの
コーチングを受ける中で出てきた「やりたい」の種に水やりが出来るようになったのが、3ヶ月め

未来を魅せてくれた丸本コーチ

セッション中、丸本コーチはいつも「どうなりたいか」「そこにはどんな人が集まっているか」「どんな声があるか」…と問いかけてくれました。

まるでその未来が「今ここ」にあるような時間。さすが【未来志向】です…!
【最上志向】もお持ちなので、「伸ばせるところ」もたくさん見つけてもらいました。

コーチングは、コーチとのマンツーマンの会話でもありますが、自分の想いを自分の耳でも確認する時間です。
想いは持っているだけじゃなく、自分の耳にも入れることで初めて認識できることも多いんだなと身を持って感じました。

丸本コーチは、NHKアナウンサーを思わせる落ち着いた声と口調、安定した場の進行で、内省優位のわたしも安心して言葉を出すことができました。

なの
なの
丸本コーチ、本当にありがとうございました!

《丸本コーチの各SNSはコチラ》
ブログTwitter

コーチングはメンタル面への自己投資

数ヶ月前のわたしは「結局のところ、自分は何がしたいんだろう…」と悶々としていました。
何をやっても中途半端だし、何かを始めたところで既に二番煎じで、そもそも自分が飽きるんじゃないか…と。

でも、本当はやってみたいと思っていることは自分の中にたくさんあって、それを自分が打ち消しているだけだったんですよね。

1人で思考の深掘りをする時間も大事ですが、自分ひとりでは強みに気づき、発揮することができないこともあります。
今回、その助けになってくれたのがコーチングでした。
また、今後向き合う必要のある課題も明確になりました。

目には見えないけど、確かに1人ひとり持っている思考。
思考は行動を作っていて、行動は環境を作っているので、メンタル面への投資もすごく大切だなとわたしは思います。

なの
なの
ストレングスファインダーを使って自己理解を深めたい!という人は、ぜひ一度コーチングを受けてみてください…!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です