HSP記

好きな人がいっぱいいるほうが人生楽しいよ

なの
なの
こんばんは、なのです

突然ですが、あなたには好きな人はいますか?
わたしは、好きな人たくさんいます!

ティー
ティー
あらやだ

あ、ここでいう【好きな人】は恋愛感情だけではありませんヨ。

男女問わず【好き!】と思う人がたくさんいると「自分も頑張ろう」と思えるし、人のポジティブな面をたくさん見ることが出来ます。

好きな人に沢山出会えたおかげで、わたしは自分のことも認められるようになりました。
だから、「自分が嫌い」「自分に自信がない」という人こそ、好きな人をたくさん作ってみて欲しいなと思います。

なの
なの
人ったらし、バンザイ!

「好き」は最強!

好きな人なんていない(少ない)・・というあなた。

なの
なの
少し前のわたしだ

【全部好き】じゃないと【好き】とは思えないと感じていませんか?

・この人の考え方好きだな〜
・この人の声(話し方)好きだな〜
・なんとなく好きだな〜
・こういうとこ好きだな〜
・見た目が完全にどストライク・・!

などなど、些細な【好き】で良いんです。

【好き】と思うものに触れていると、自然と物事のポジティブな面にフォーカスできるようになり、多面的に考えることが出来るようになります。

嫌だと思う環境に身を置いていたり、愚痴ばっかり言っているときって、どうしてもネガティブに考えてしまいがち。

なの
なの
癖になるとネガティブのループに陥っちゃう

一方、【好き】な人や言葉に触れていると、意識せずとも楽しい気持ちになります。

なの
なの
身近にそういう人が少ないなら、ネットでも芸能人でも良いから、好きな人の発信に触れるようにしてみよう・・!

人を多面的に見られる

わたしの好きな人たちは、みんなそれぞれ違います。
でも、意識の向け方は似ているかもしれません。

・行動を起こす
・人との距離感が程よい
・好きなことをやっている
・愚痴だけの時間を過ごさない
・悩みながら進んでいる
・やわらかくて穏やか

自分が「こうありたい」「こういう人になりたい」とリスペクトする部分があるので、方向性が似ている人たちなんですよね。

【好き】と思う人に出会うたび、人はみんな完璧ではない、とも思えるようになりました。

ネットの世界でも、発信にものすごく共感したり感銘を受けることもあるけど、どんなに憧れる存在であっても共感出来ないこともありますよね。
一面が好きだからといって、その人の全てを盲信するわけでもありません。

なの
なの
人には色んな面があって、好きか嫌いかのほかに【どっちでもない】グレーゾーンが沢山あるんだなって思う

好きな人の言葉は強く心を動かす

好きな人の持つ力って本当にパワー絶大で、なんでも【特別】というオプションが付く気がします。
頭ではわかっていてもどうしてもやめられない癖だったり、変えたいと思っているのに行動を起こすのが怖かったり。

わかっちゃいるけど・・と、つい「変わらない言い訳」「やらない言い訳」を並べてしまいがちですよね。

なの
なの
誰だって、変わるのは億劫だし怖い
ティー
ティー
不満があっても、行動しない方が楽だもんね

でも、何度もブログでも書いてるけど、今この瞬間が自分の人生で一番若い日。

やる瞬間は「今」しかないし、背中を押してくれるのはいつだって好きな人の言葉だったりするんですよね。

「やる」も「やらない」も気持ちにそんな大差はなくて、実際に後押ししてくれる言葉があるかないかでは大きな違いがあると思います。

ティー
ティー
自分のためだけより、好きな人のためになら頑張れるしね
なの
なの
ティーさんのために仕事頑張ろうとか思えるのも一緒
ティー
ティー

リアルでもネットでも【好き】でいっぱいにしたい

愚痴で繋がるような輪の中には居たくないし、わたしはそういう場所が心地よくないから「違う」と思った場所からは離れるようにしています。

人生は選択の連続。
どうせ選ぶなら【好き】なものを選んでいたいなと思います。

もちろん、苦手なことや克服したいこともあります。
でも【好き】な人や物事のためなら、嫌いなことでも頑張れたりしますよね。

前向きに取り組めないことや、足を引っ張られるようなドロドロした環境の中にいても、わたしとってはマイナスでしかありません。

なの
なの
心地よい場所で生きるの超大事

現状にモヤモヤしていたり、変わりたいけどどうせ自分なんか・・と思ってしまう人は、とにかく【好き】な人やものに触れて生活してみて欲しいなと思います。

なの
なの
引っ張られるのはHSPの得意分野!
ティー
ティー
愚痴を言い続けるより、悩みを解決する方法を見つけながら生きていきたいよね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です