自己肯定力

他者を尊重するためにも、まずは自己理解がとても大切だと思う

なの
なの
こんばんは、なのです

人それぞれ、どんなことを大切にしているのか、どんなことに重きを置いているのかは違いますよね。

人はみんな違うので、誰かを100%理解することも、反対に100%理解されることも不可能だと思っています。

でも、他者を尊重しないことには良好な人間関係は築けないと思うんですよね。

個人的には、自分と他人は違うことを大前提としても、自分が(あるいは他人が)とても大切にしていることに1ミリも共感できないとか、理解できないといった場合、そうした相手とは距離を置くことがお互いにとってベストな選択だと思っています。

なの
なの
伝える必要がある人には伝えたら良いけど、そうじゃない人には必ずしも理解してもらう必要はないんじゃないかなと思う

どんなに親しくても自分とは別の人間

どんなに近しい人、親しい相手であっても、全て同じ価値観ということはないはずです。
似ていることが多くても、100%一致することはありえないと思います。

でも、わたしたち人間は慣れる生き物。
「嬉しい」ことが続くといつの間にか当たり前になり、「嫌だ」と思うことには敏感に反応し排除しようとする心理があります。

ティー
ティー
嫌なことの方が心理的インパクトが強いから仕方のないんだけどね

親しくない人は心理的な距離も遠いから「・・え?」で終わっていいかもしれないけど、親しい相手なら特に「なんで?」とモヤモヤしてしまうことも多いんじゃないかな、と思います。

・なんで○○してくれないの?
・なんでそんなこと言うの?

でも、どんなに親しい、大好きな相手であっても、やっぱり自分以外の人は全員他の人、他人なんです。。

ただ「完全な他人」とは思えない、愛着のある相手だからこそ「なんで?」「分かって欲しい」になるんですよね。

なの
なの
家族、パートナー、親しい友人など、全てに言えることだね

とはいえ自分の気持ちには蓋はしなくてOK

「なんで?」と怒りや悲しみを抱いたとき、わたしはつい「自分が悪いのか?」「こんなことで嫌な気持ちにになる自分の心が狭いのか?」と自分に非がある前提で物事を考えてしまいがちです。

HSPは内省する人も多いと思うから、自分を責めることが癖になってしまう人も多いんじゃないかなと思います。

なの
なの
でも、これって思考の癖なんだよね・・

相手が悪びれる様子が無かったり、気持ちを否定されたり押し付けられる経験が積まれると、どうしても「相手的にはこっちが悪いのか」と相手側の都合を考えて自分を責めてしまうんじゃないでしょうか。

ただ、そこで相手に気持ちをぶつけたり押し付ける必要もなくて、一番は自分で自分の感情を否定しないことがとても大切だと思うんです。

湧き上がる感情に、良いも悪いもありません。
「こんなことでイライラするなんて」
「こんなことで傷つくなんて」
なんて思う必要はないんです^^

なの
なの
たとえ誰かにそう言われたとしても、ね

嫌だなと思う気持ちに蓋をする必要は無くて「すごい嫌な気持ちになってるな」と冷静にその感情を受け止めてみると、少し俯瞰できるかもしれません。

感情が動くとき、自分が何を大切にしていて、何をタブーにしているかのヒントがあったりします。

ティー
ティー
すぐに冷静になれないこともあるけど、ただ感情をぶつけても伝わらないもんね

自己理解をすればするほど他者への理解も深まる

わたしがとにかく自己理解をオススメしているのは、自分のことを理解すると、他人のことも尊重出来るようになると感じているからです。

あわせて読みたい
【自己理解】自分の気質・資質を知ると自己否定する必要がなくなる HSPの気質を知って「これは気質だったのか」と腑に落ちたという人は多いのではないでしょうか。 気質・資質を短所と見てしまうと「...

自分が大切にしていることや、自分の持っている資質を理解することで、反対に他者も色々な資質があって大切にしていることは違う、と知れるんです。

そんなことわかってるよ!という人もいるかもしれないけど、お恥ずかしい話、わたしは
「自分の普通」「自分の常識」はある程度「普通の人」には通用するものだと思ってしまっていました。

なの
なの
無自覚でこう思ってしまっていた・・

それを押し付けるかは別の話ですが、心の中では「普通そんなことしないでしょ・・」みたく思っていることが多かったんですよね。

もちろん今も「え?」と思うことは普通にありますが、物事をジャッジするというより、「わたしはこれが嫌なんだな〜」「相手はこういう心理が強いんだろうな〜」と、一歩引いて物事を受け止められるようになりました。

HSPの気質においても言えることですが、自分の中の一部であるHSPという部分を知ることで「これは気質だったのか・・」と安心した人も多いんじゃないでしょうか。

きっと「こんなに考えるなんて変だ」「みんなは我慢できることなのに自分は弱いんだ」と否定してしまっていたから苦しかったんですよね。

大切なのは、まず自分の気持ちや資質を理解すること^^

なの
なの
自分に優しく出来ない人は、他人にも優しく出来ないと思う
ティー
ティー
まずは自分に一番優しくしてみてネ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です