HSP記

【誤解】信じてくれる人がいたら、それでいいや【されても】

なの
なの
こんにちは、なの(@nano_kcgs)です

突然ですが、生きていると要らぬ誤解をされたり、悪意の人に嘘情報を流されたりすることもありますよね。
わたしも、延々知人の悪口を聞かされたり、本当なのかもよくわからない情報を吹聴されることがあります。

あわせて読みたい
派閥論争に巻き込まれまくる人生ですが、私は元気です 人間関係のトラブルって色々ありますが、わたしは派閥論争に巻き込まれがちな人生でした。 何かしらのコミュニティに属するとき、...

悲しいかな、相手にされていない人ほど、その執着心が叶わないと攻撃に変わるものだなあ、とSNSでの炎上案件を見ていても感じます。

そんな人のターゲットになってしまったとき、わたしの大切にしている心がけを残したいと思います。

なの
なの
凹むけども、信じてくれる人がいたら、それでいいなと思う

敵を作るより、仲間を増やしたい

わたしは文章を書くとき、あまり強い言葉を使いません。ん、いや、口は悪いかもしれませんが(笑)。
言い切る表現をほとんどしないのは、言葉に自信がないからではなくて「あらゆることは人による」と考えているからです。

何を信じるか、何に心を寄せるか、何を大切にするかは人によります。
そこを「それは違う」「間違ってる」なんて言えないと思うのです。

たとえ自分と見解が異なっていても、その人が大切にしていることを土足で踏みつけるようなマネは出来ない。したくない。

わたしは人と一緒にいることで元気が出る人間です。
だから、「好きだ」と思う人のことはとても大切にしたいと思っています。

与り知らぬところで嫌われることもあるけど、せっかくなら敵を増やすより、「同じ意見でなくとも仲間」を増やす人生を送りたいと思います。

なの
なの
仲間であっても、みんな同じ考えである必要はないと思う

相手にしない、という勝利

ストレングスファインダーの話になりますが、わたしは最下位の資質、つまり著しく低い資質が【競争性】です。

あわせて読みたい
【ストレングスファインダー】競争性が欠落している件【最下位】 「自己理解!自己理解!」 「ストレングスファインダー!ストレングスファインダー!」 と言っているわたしは、ストレングスファイ...

他人との競争に重きを置いていないこともあり、ライバルがいるとしたら、わたしは「一緒に頑張りたい」と考える派。だから仲良くしちゃうんですよね。仲間意識バンザイです。

そんな競争性最下位のわたしの逆説的強みは、嫌いな相手と同じフィールドに立たないという選択をすること。
勝ち負け自体には拘っていないんですが、仮にそこに勝ち負けがあるなら、同じフィールドに立った時点で「負け」だと思っているからなんです。

なの
なの
別に勝ちたくはないけど、少なくとも嫌な人とは同じ場所で戦いたくはない

信じてくれる人がいれば、それでいいや

その人自身のモノサシで「こいつ嫌い」と思われるならそれは仕方ないことだし、ソッと離れていくのは自然なことだと思います。
誰しも「全員と」仲良くするのは無理だからね。

ただ、第三者からの情報だけで「この人が嫌いっていうから自分も嫌い」と判断されたり、誤解を受けるのはとても悲しいことです。めちゃくちゃ理不尽・・。
他人をコントロールするのは不可能なので、それはそれで仕方ないけども。

でも、そんなときでも「あなたはそんなことしない(言わない)よね」と、誰かに何かを吹き込まれても信じてくれる人との関係を大切にしたい。
それに、第三者からの吹聴で崩れるような信頼関係しか築けなかったのであれば、自分にも問題があるのかもしれないですしね・・。

いつも信じてくれる人との出会いに恵まれること、それが自分の【強み】だなと思っています。

あわせて読みたい
好きなように解釈されるんだから、誤解されても気にしなくて良い 人って、目の前に起きていることを自分の見たいものしか見ない(見れない)ように出来てるなあと思います。 情報は、受け...
なの
なの
大切な人たちとの「信頼」を壊さないように、自分が出来ることを淡々と続けていきたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です