HSP記

【HSP】ぐるぐる同じ事を悩み続けてしまう時【思考癖】

こんばんは、なのです。

あわせて読みたい
【HSP】一人になる時間は絶対的に必要だよね【大丈夫】こんばんは、なのです。 HSPは情報処理能力が高く、他の人が気付かないような僅かな変化や些細な事にとても敏感です。 インプッ...

昨日の記事でも触れましたが、HSPは物事を深い部分まで無意識に処理する為、脳内がパンク状態になりやすいです。

そのため、人と関わったり刺激の多い場所に行くととてつもなく疲れてしまうことも多いと思います。

 

HSPでも感じ方の度合いや、どこに敏感なのかも人それぞれ。

ですが、一人の時間が全く取れないとストレスを感じてしまう人はやはり多いようです。

終わりが無いのは思考癖が原因かも

f:id:nanoooo:20180226205532j:plain

 

抱えきれないほどの情報を無意識に感じ取ってしまった時、頭の中がパニックになったり一人の部屋に籠りたくなったりしますよね。

そんな時、思考癖に偏りが生じていると、考えれば考えるほど自分で自分を雁字搦めにしてしまいがち。

 

思考癖は生まれてから「こういう場合は大体こうなる」という数々の経験を元に、まだ起きてもいないことを現実のように考えたり悩み続けてしまう原因にもなります。

とはいえ、HSPは心で感じたものに関しては得に記憶力も良く、その読みは当たっていることも多いですよね。

だからこそ「またこうなるかも・・」という気持ちになって、的中すれば「ああ、やっぱり・・」と落胆する。

 

HSPの勘は外れにくいと、私も思います。ですが自分が信じきっている価値観(思考癖)は、本当にそれだけが正しいことなのでしょうか。

 

自分なりのセルフカウンセリング

f:id:nanoooo:20180226205646j:plain

私は、脳内インストールが上手くいかない時や苦しさが続く時は、自分はどうしたいのか・なぜ感情を刺激されたのかという根本の理由を紐解くようにしています。

 

例えば、嫌な態度を取ってくる人がいたとして、これまでの自分の思考はこのような流れになっていました。

①私は嫌われているんだな・・

②傷つくな・・

③あの人にとって自分の何がダメだったんだろう・・

④嫌われる自分はダメだな・・

⑤また嫌な態度を取られたらどうしよう・・

 

こんな感じでいつまでも無限ループのごとく悩み続けていました。何日も、あるいは何年も。

みなさんは、この①〜⑤の流れの中に、思考癖が入っている事にお気づきでしょうか。

 

①私は嫌われているんだな・・

これは、相手の雰囲気やこれまでの対応を総合的に見て感じた事です。

もちろん勘違い(相手の機嫌が悪かっただけとか)の可能性もありますが、私のこういう「嫌われてる」感覚はほとんど当たっています・・

これは単純に私が感じ取ったこと。それは変えられもしなければ、変える必要もない部分です。

 

②傷つくな・・

これも、上記からの感情ですね。そりゃ誰だって嫌われたくはありません。傷ついてしまったのは私の感情なので、否定せず感じてOK。

 

③あの人にとって自分の何がダメだったんだろう・・

これですね。ここが思考の偏っている部分です。

たとえ理不尽な事であっても、私のように自己肯定感が低い場合、すぐに相手に対して怒れない現象が起きがちです・・。

怒りが湧いても時間差なので時既に遅し・・

 

しかし「自分に非があったのかも?」と内省するのは悪いことではありませんし、自分を良くしていきたいと思う心境の現れでもあると思います。

問題は、それを深く考え続けて苦しんだところで何か生産性があるのか?ということです。

思い当たる節があれば反省して、これからに活かせば良いけれど、考えたところで原因なんて分からないことの方が多いのではないでしょうか。

 

《ここでの思考癖》

・いつも自分に非があると思っている

→「嫌い」の原因はいつだって相手の問題です。どんな人にも多少は思考癖があって、私の姿にそれを無意識に投影して嫌悪の感情が発生しています(自分も含めてね)。だからその人がいう「嫌い」は自身の中の「価値観」にあるので、必ずしも自分に非がある、とは限らないのです。

・みんなに好かれなくてはいけない

→そもそもその人に「好かれる」必要があるのか?あるとしたら何故なのか?・・追求していった結果、私が「好かれなくてはいけない」と思っているのは、「傷つきたくない」「認めて欲しい」「人を嫌ってはいけない」という気持ちからでした。

傷ついてもいいし、好かれなくてもいいし、私も人を嫌っても良いんですよね(実際嫌っていることもあるんだし)。

 

④嫌われる自分はダメだな・・

こちらも思考癖の一つです。

嫌われることが「悪」だと思っているから、そんな自分が「ダメ」だと思ってしまっているんですよね。

 

《ここでの思考癖》

・嫌われることはダメだと思っている

→嫌いもあるから好きもあるし、自分も嫌いという感情はある。「嫌い」は悪い感情ではない。

 

⑤また嫌な態度を取られたらどうしよう・・

 

一旦納得出来る着地点に到達して、その時は一瞬楽になっても、また同じような態度をされたら当然傷つきますよね。

いくら構えていたところで、例にもれなく律儀に傷ついてしまうのか悲しい性です・・。

 

嫌われたくはないけど、自分にも嫌いな人はいますし仕方がありません・・。

かといって自分は嫌いだからといってあからさまに態度に出さないし、大人なんだからそんな態度を取るなんて最低だ・・!と怒りが湧いて来て「納得出来ない・・」とモヤモヤしてしまいますが、「相手のことを考えたらあからさまに嫌な態度を取らない」のは自分の中のルール。

今回の相手は「相手の気持ちを考えることはしない」ことを良しとしている。この違いに気付くことで楽にはなりました。

 

自分が一番の理解者になる

f:id:nanoooo:20180226205850j:plain

「またか」と流せるようになるには時間もかかると思います。傷つくことって慣れませんし、もしかすると慣れる日なんて来ないのかもしれません。

でも、こうやって自分の思考癖に気付いて相手との根本の違いを見つけて認識し続けて行くと、不思議と良い意味での開き直りが出来るようになりました。

 

この記事を書いている私はカウンセラーの資格も何もありません。他の人の話を聞くプロではないけれど、自分のことをわかってあげるプロではありたいと考えるようになりました。それは誰だって出来ることだと思います。

自分の心の中の汚い部分や見たくない部分が見えることもありますが、自分の本音を知ることが、着地点を見つける一番の近道ではないかなと思うのです。

 

「それってホントにダメなことなの?」という部分があれば、別の角度から物事を捉えてみたり、思いつかなければ「自分はこういう価値観なんだな」と改めて知るだけでも良いと思います。

自分を責め過ぎても、ただ自分が傷つくだけです。反省と自責は違います。

 

理解されづらい事も多いですが、周囲と一緒になって自分を責めてはあまりに可哀想です。せめて自分だけでも、自分が一番の理解者になってあげたいですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です