HSP記

HSPお茶会の失敗案件と、お茶会で参加費を頂く理由

なの
なの
こんばんは、なのです

先日、お茶会の案内を出しましたが・・実は、一定数の参加者さんが集まらず、お茶会自体を取りやめする結果となりました・・。
参加の意思を持って頂いた方にはご迷惑をおかけしました。本当にごめんなさい。

今後、人を集めて何かやりたいという方に、わたしの失敗を参考にしてもらえたら嬉しいです。

また、わたしがHSPのお茶会を開きたい理由や参加費についても併せて書きました。

なの
なの
お付き合いいただけると嬉しいです^^

今回の反省点・改善点

開催しますと言っておきながら取りやめ・・という今回の件があって、お申し込み下さっていた方には申し訳ないやら、言い出したことを守れなかった不甲斐なさに落ち込むやらで・・とにかく凹みましたが、反省点や学んだことがあるので残そうと思います。

もっと早く人に相談したりアドバイスを貰えばよかった・・。

告知が少なかった

まず、単純に自発的な告知が少なかったです。
ブログ記事と、1回記事つきのツイートをしただけ。

告知が少ないと、お茶会自体を知ってもらえないだけでなく、忘れられてそのまま・・の可能性もあるので、お知らせはきちんとするべきなんだなと思いました。

何回も告知したらしつこいかな、ウザいかな、と考えすぎてしまっていたな、と。

なの
なの
次に企画するときは、人が集まらなかったらジャンジャン告知します・・!

検索しても出てこなかった(ぽい)

初めてお茶会を開催したときは、那智子さんの情報拡散のおかげもあって、すぐに満席になったのですが、その時の記事はネット検索でもすぐ見つけられる位置に表示されていました。

いつもブログではSEO対策など考えず記事を書いているんですが、今回のお茶会記事は検索順位がやたら低かったようで、見つけてもらえる機会が少なかったこともあるのでは、という仮説も考えられます。

ツイッターより、検索していてたまたま・・とブログにたどり着いてくれる方の方が圧倒的に多いので、こうした告知記事は、重要なキーワードを散りばめた内容にしなければいけないんだな・・と学びました。

なの
なの
興味を持ってもらえる人に届かなかったら、集まらないのも当然ですね・・

キャンセルの場合のことを考えていなかった

お申込み下さっても、それぞれのご事情で「やっぱり行けなくなった・・」ということってよくありますよね^^わたしも経験があります。

今回もキャンセルとなった方々がいらしたのですが、キャンセルになった後のことを事前に全く考えていなかったんですよね・・これも反省点です。

わたしの思う最低限の人数を定員として設定したことや、キャンセル後にも適切な告知をしなかったことは改善すべき点だったな、と。

お席の都合もありますが、キャンセルの可能性も加味して企画する必要もあるな、と思いました。

なの
なの
とにかく、どこまでも受け身だったなと猛省です

温かいメッセージがとても嬉しかった

今回、お茶会申し込みフォームから数名の方より「予定が合わず今回は行けないけど・・参加したかったです」など温かいメッセージを頂きました。

参加したい、という気持ちを持って下さる方が他にもいてくれるんだ・・!と知れたこと、すごく嬉しかったです。

わたしも人にメッセージを送ることはありますが、わざわざ文面を作って人に気持ちを伝えるって時間も手間もかかることなので、メッセージやリプを頂くたびに本当にありがたいなと思います。

ご連絡下さったみなさん、この場を借りてもう一度お礼を言わせてください。

なの
なの
本当に嬉しかったです・・ありがとうございました!

お茶会を開きたい理由と参加費の意味

以前、知人に「お茶会なのにお金取るんだ!?」と驚かれたことがあります。

こうしたお茶会やイベントなど、参加費が発生することにわたし自身は特に疑問を抱いてませんでしたが、知識や物を提供するわけでもないから「お小遣い稼ぎ?」って思う人も確かにいるかもしれないな・・と思いました。

そこで、わたしがお茶会に際して参加費を頂く理由も残しておきたいと思います。

HSPの方々とお話しする場を提供するため

わたしがHSPお茶会やりたいな〜と思ったのは、自分自身が【HSPだけの場】というものを経験してこの空気感を体験してみてほしい・・!と感じたからです。

自分が色んなHSPの方に会いたいから、というより(もちろんそれもありますが)、HSPの場を味わってみたいという方に、【HSPの場】を提供することが対価だと思っています。

なるべくみんなが話せるように、なるべく居心地の良い場であるように主催者として気を付けていきたいし、あくまでも主役は参加者さんなんですよね。

そこでそれぞれで縁が生まれたら嬉しいし、参加者さんは「話を聞きたい」という気持ちと同じくらい、自分の話もしたいんじゃないかなと思うんです。

普段は話したくても話せない、という状況や話題もあるかもしれないし、ワンマンショーのような場では、割って入って「自分が自分が!」とならない方が多いと思うので。。

HSPならではの話が出来るのも、HSPだけの場だからこそ。

すべての方を100%満足させることは難しいかもしれないけど【HSPの場】の提供が、わたしに出来ることだと思っています。

スクリーニングをかけるため

もう一つはスクリーニングのためです。

慈善活動であれば無料にするべき、という意見もあるのかもしれないけど、わたしは慈善活動として続けていくためにも、参加費を頂く重要性を感じています。

わたしはHSPの場に限らず人と会うのは好きですし、初対面でもそこまで人見知りをしない方かもしれません。
そのため、人が集まる場に参加する精神的なハードルは低いと思います。

ただ、無料にするとどんな人でも入ってこれてしまうし、HSPではない人や荒らしのような人が混じる可能性もあるかもしれません。

そうすると他の参加者さんにも嫌な思いをさせてしまうし、わたしも嫌になって絶対辞めたくなると思います。

「お金を払ってまで参加したい」という、本当に参加したいと思ってくれる人に来てほしい、という気持ちがあるので一種のスクリーニングとしても設定しています。

わたしがお願いして来てもらう方に関しては参加費は頂きませんが、「知り合いだから無料にして」という要望には申し訳ないけど応えることもしていません。

今後も企画できたらいいな・・

今回は失敗してしまいましたが「細々とお茶会開いていけたらな」という気持ちは消えていません。
それは参加の意思を頂いていた方や、メッセージを下さった方々の温かい気持ち、応援してくれる方の存在を改めて感じたからこそ。

もっと多くの人にお茶会を開いているということを知ってもらう必要もありますし、このブログも、読んでくれる方の学びや心を柔らかくする、価値になるものにしていかなければいけません。

ティー
ティー
目立ちたくないとか言ってられないね

参加の意思を持って下さる方にお会いできるように、今の自分に出来ることをコツコツ続けていきたいなと思います。

すぐに次のお茶会の案内が出来ないことが心苦しいですが・・他にもHSPのお茶会を開催している方々もいらっしゃいます^^

以前お茶会に参加して下さった、やまだなおこさん運営のTwitterアカウント(@HSPheart)でHSP関連の情報を紹介されているので、こちらも是非チェックしてみてくださいね。

なの
なの
最後まで読んで頂いてありがとうございました^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です