HSP記

【HSP】寝ても寝ても眠くなる現象【外向型】

こんばんは、なのです。

 

 

HSPの気質と生きていると、どうしても刺激過多・ストレス過多になって疲れやすいですよね。そんな時、私はとにかく安心出来る場所で一人になりたくなります。

 

敏感さはダダ漏れしているものの、同時にアクティブで行動力がある人と見られがちなのですが、楽しくても刺激が続くと、どうしようもなく疲れてしまうことがあります。

https://nanolooog.com/2018-05-24-221158

HSPだけど外の世界に刺激を大いに求める

f:id:nanoooo:20180305224817j:plain

私はHSS/HSPで、かつ外向型が強いタイプなので、どちらかというと外の世界に刺激を求めがちです。

人とのコミュニケーションや外部との繋がりを好むのですが、ベースの気質はHSPなので疲れてしまうんですよね。

 

端から見たら、ストレスになるとわかっている場所に自ら飛び込んで行っているようなものかもしれません。自業自得のように見えるかもしれませんね。

非HSS・内向型が強い方には「じゃあ出掛けるの辞めたらいいのに」と疑問に思われるのも仕方ないと思いますが、こんな気質なんですよね・・。

 

人と会うのは大好きだし、疲れるけど私にとってその疲れは必ずしも嫌なものではありません。

 

ネガティブな疲れではない

f:id:nanoooo:20180305224919j:plain

 

この記事を読んで頂いているHSPのみなさんは「ああ・・もう疲れ過ぎた・・!」となる時はどんな感じに疲れが出るんでしょうか?

 

私がこれまでお話をしてきたHSPの方々は

・寝込むほど身体が動かなくなる

・頭痛や吐き気などの体調不良

・気持ちが重くなる程度で体調には出ない

などなど、症状や度合いも本当に様々。頻繁だとより一層しんどいと思います。

 

私は消耗の度が過ぎると、とにかく眠くなります。そして寝ても寝ても眠いんですよね。

嫌なストレスに晒されたわけではなく、刺激を受けて消耗しただけであれば眠くなるだけで、頻度もさほど高くないので稀です。

 

いつも元気に活動しているように見られがち(実際楽しんではいますが)なのでこうした症状に見舞われること自体意外に思われますが、ひっそりと眠り続ける日がたまに訪れます。

また、このような時はネガティブな疲れでは無いので精神的に落ち込むことはほぼありません。

 

疲れやすさを自覚したら無理をしないこと

f:id:nanoooo:20180305225003j:plain

HSPはどうしても少数派ですし、疲れやすくても「そんなの甘えだ」「みんな疲れてるのに頑張ってるんだ」と言われてしまうことも多いのではないでしょうか。もちろん、敏感だろうとそうでなかろうと「疲れ」は誰でも感じるものだと思います。

HSPだから疲れやすいと言い訳にしたいわけでもありません。

人によるしね

 

無理しないと周りについていけない!ということもあるかと思いますが、HSPの疲れやすさは訓練した所で耐性がつくものではないですよね。

 

私はこうした疲れが出る時は、誰かに合わせすぎてしまったり、気を遣い過ぎてしまったり、無意識ですが「敏感力発揮しすぎたな」と思い当たることが多くあります。

そして運良く休日であればひたすら眠って回復を待ちます。大抵1〜2日くらいひたすら寝ると回復するのですが、お休みがそれで潰れてしまう・・。

 

「こんな自分はダメだ」と自分を責めて更に落ち込んでしまう人も多いかもしれませんが、それよりもどうしたら疲れを軽減させられるのか、何が自分にとって大きなストレスになるのかを探ってみませんか。

 

もし自分が周りの人より疲れやすいと感じたら、とにかく無理せずに休養する時間をきちんと取りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です