HSP記

HSPは治せないし、治す必要は1ミリもないからそのままでいてね

なの
なの
こんばんは、なの(@nano_kcgs)です

先日調べ物をしようと、[HSP]と検索したら予測変換で【HSP 治し方】と出てきました。

なの
なの
わ〜〜!待って待って〜〜〜!

と思ったので、【HSPは治さなくていい】と声を大にして発信したいと思います・・!

治そうと頑張ってしまってる人に届きますように。

なの
なの
というかHSPは生まれ持ったもので変えられないので、気質を変えようとしても苦しみだけが待ってます・・!

HSPは生まれ持った気質

HSPは気質です。
病気ではありませんし、気質はいくら治したいと思っても治せないんです。

治したいと思う気持ちはめちゃくちゃわかります。わたしもそうだったから。
でもそれは、気質そのものが原因で生きづらいと思っていたからです。

ただ、生まれ持った【敏感さ】【感じ方】そのものは変えられないけど、生まれた後に身についた考え方や性格は変えられるんです。
生きづらさはHSPの部分じゃないんです。

確かに、HSPの気質上、結果的に「生きづらさ」を感じやすい傾向もあるかもしれません。
ただ、生きづらくなってしまったのは周りの環境や後天的に身に付いた性格、思考癖によるものがほとんどだと思うのです。

もちろん感覚的に知りたくもないことを知ってしまうとか、気付いてしまう部分もあると思いますが、気質そのものを変える必要はないし、気質はどうあがいても変えられない部分なんですよね。

「HSPだから生きづらい」と考えてしまいがちなんだけど、しんどい面もあるけどHSPにはとても素晴らしい一面もあるし、気質ごと含めたものが自分自身なので、どうか気質を否定しないで欲しいのです・・。

あわせて読みたい
HSPを悲観的に考えてしまう人へ HSPの情報を調べていると、「生きづらさ」という困りごとを抱えている人(あるいは抱えていた人)が多い印象を受けます。 わた...

一生懸命「敏感さ」を治す努力をした結果

わたし自身も、HSPの概念を知る前も知った後でも、しばらくの間はこの敏感な自分を変えようとしていました。

「鈍感力を身につけよう」
「気にしないで生きたい」
「小さい事にクヨクヨしたくない」

自己啓発本をはじめ心理学なども勉強して「小さい事に気が付く」自分にめちゃくちゃダメ出しをしていました。
「自己肯定感を上げよう!」と思って奮闘しているつもりでしたが、自分がやっていたことは「こんな自分じゃダメだ!」という自己否定だったんです。

当然生きづらさは消えず、当時はHSPであることも盾にして「敏感なんだよ!普通の人とは違うんだよ・・!」と、わかってクレクレ星人になっていたんですよね。

でもね、HSPは「気にしたくて気にしている」わけではなく、「気付いてしまうことが多い」んですよね。感覚的なものだから、なかなか理解されづらいんだけど。

執念深さに定評のあるわたしでさえ(笑)、どうあがいても感じ方そのものは変えることが出来なくて、いちいち気付いたり傷つく度に自分を責めていました。

なの
なの
こうなるとただの悪循環だし、ただただ苦しいよね

治す必要なんて1ミリもないのです・・!!

HSPの敏感さは、悪いことですかね・・?
気質なので良いも悪いも無いですが、果たして【敏感さ】は悪なんでしょうか。

HSPでも何に敏感か、またその度合いなどは様々です。
わたしはにおいや音、人の感情エネルギーに特に敏感。
無駄に第六感も働くので、知りたくない情報を知ってしまうこともしばしば・・。

でも、不快な臭いに体調を崩すこともあるけど、反対に季節の香りや自然の香りも存分に感じられます。
人間そのもののニオイで「あ!この人は合うぞ!」「絶対合わない・・!!!!」とか分かることも稀ですがあります。

あわせて読みたい
【敏感でも】HSPで良かったな、と思うこと【ええじゃないか】 先日のお茶会でも話題に上がった「HSPで良かったと思うところは?」。 https://nanolooog.com/hsp-...

音も同じで、けたたましいエンジン音とかには疲弊するけど、楽器の音や壮大な音楽なんかにもめちゃくちゃ感動するし、それはわたしにとって心地良いことです。

人間関係に於いても全く同じです。
感じた違和感は大体当たるし、ヤバい人には最初から近づかなくて済むので、これはこれで良い面もあるかな、と。
つい悪くはたらいている部分に目がいってしまうけど、この敏感さは生きづらさでもあれば生きやすさでもあると思うんです。

でも、多少鈍感な方が生きやすいんじゃない?と思ったりもしますよね。
確かに「気付かない」ことは気にしなくて済むことでもあるから、わたしたちが感じやすい部分での生きづらさは無いのかもしれません。

ただ、その立場には立場の悩みや苦しみ、葛藤なんかがあって、「気楽そうだな」と思っていてもそれは本人にしかわからないんですよね。
敏感である自分が生きづらいから、鈍感になれば生きやすくなる、というのは、ちょっと短絡的で乱暴な想像だったな、と反省しています。わたしも思いっきりそう思っていたので(笑)。

HSPの気質は、種が生き延びるために必要だった気質だから今も一定の割合で存在しているわけで、少数派だから理解されづらいけど、治す必要はないんです。

なの
なの
じゃあどうしたらこの気質と仲良くできるか?を考えていこう

思考癖を少し修正するだけで楽になる

生きづらさを感じているとき、考え方に癖がついていることが多いと思います。

思考癖は誰にでも存在するし、癖は悪いことではないんだけど、自分の心に負荷がかかる癖がついている場合はとてもしんどいと思うのです。

あわせて読みたい
【HSP】ぐるぐる同じ事を悩み続けてしまう時【思考癖】こんばんは、なのです。 https://nanolooog.com/hsp-hitorininarujikan 昨日の記事で...

スポーツ(例えばテニス)でも、身体のどこかに負荷がかかるフォームでラケットを振り続けたら、いずれ故障してしまいますよね。
癖ってついてから時間が経つとなかなか変えることが難しいし、自分ではそれが【癖】ということにも気付きにくいんです。

自分にとってはそのフォーム(考え方)が当たり前で、身体に馴染んでしまっているから。

生きづらさを感じる思考癖がつく瞬間は、傷を負ったとき。
もう同じ思いをしないように、その傷を庇う為にどんどん癖がついていって、それが【自分の考え方】になっていくんだと思います。

ティー
ティー
自分が傷ついた時だけじゃなく、周りからの価値観の刷り込みでも思考癖は作られていくよね
あわせて読みたい
【HSP】親の呪縛を解くのは自分しかいない【HSC】こんばんは、なのです。 いきなりダークなタイトルですが、私は小さい頃から親や兄弟から揶揄われてきた事の一つ一つをすごく覚えていて、...

癖は、フォームをちょっと修正するだけで心の負担が軽くなります。
慣れるまでは違和感があるけど、慣れてしまえば考え方や価値観はどんどん塗り替えていくことが出来るんです。

なの
なの
自分では気付きにくいんだけど、自分の中の「当たり前」を疑って、ときに自分を客観視することも必要だと思うな

敏感なままで大丈夫

わたしもずっと自分の敏感さに悩んでいたし、この敏感ささえなければ!と何度も思いました。
自分を責めなくていいと言われても、事実周りから責められるとそうは思えないし、周りから認めてももらえないのに自分を認められるわけないよ・・と。

でもどこをどうやっても、気質から来る感じ方(気質)そのものは変えられないんです。

ティー
ティー
敏感かもしれないけど、それって悪いことなわけじゃないよね!
なの
なの
仮に気質を否定してくる人がいても、それはその人の価値観なだけで、わたしたちの価値観とは別だよ

だから、敏感なままで大丈夫なんです。本当にそのままで大丈夫。

考え方・捉え方の癖は、簡単ではないけどその気になればいくらだって変えていけるものです。それには勇気が必要だったり、それによって傷つくこともあるかもしれません。

生きづらくて辛い、という想いは減らせるものです。

なの
なの
生きづらさは無くせる、とわたしは思ってる

もちろん、人が怖いとか、威圧的な人に支配されるとか、強迫観念とか思い込みなんかはすぐに無くなるものじゃないと思います。
物理的に1人ぼっちの環境だったり、言いようのない孤独感を抱えてしまったりしていると、どうしても周りと一緒になって自分を責めてしまうこともあります。
【自分のことを認める】って、ずっと否定してきた人にとってはハードルが高いんですよね。わたしも含めて。

でも、ダメだなと思ってしまうことも含めて、とりあえずそれでOKを出していいんです。
こんな自分にOKなんて出せない、という人も、じゃあその【自分を許せない自分】にOKしましょう。

大切なのはすぐに自分を認めることではなくて、【OK】を出す数を増やすことだと思います。
HSPの気質はそのまま持っていていいし、少しずつ少しずつ【自分のままでいい】って思えるようになればいいと思うんですよね。ときには、振り出しに戻ったりしながら。

なの
なの
わたしもたまに躓く事もあるけれど、この気質と上手く付き合っていきたいと思ってるよ
ティー
ティー
気質を含めた自分自身を大切にしてね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です