HSP記

HSPは治せないし、治す必要は1ミリもないからそのままでいてね

なの
なの
こんばんは、なのです

先日調べ物をしようと、HSPで検索したら予測変換で【HSP 治し方】と出てきました。

なの
なの
わ〜〜!待って待って〜〜〜!!!

と思ったので、【HSPは治さなくていい】と声を大にして言っていきたいと思います・・!

治そうと頑張ってしまってる人に届きますように。

なの
なの
というかHSPは気質で変えられないので、治そうとしても苦しみだけが待ってます・・!

HSPは生まれ持った気質

HSPは気質です。
病気ではないので、治したかったとしても治せないんです。

なの
なの
わたしも治せないと知ったとき、ホッとしたと同時に「マジか・・」と思った

でもそれは、気質そのものが原因で生きづらいと思っていたからです。

生まれ持った【敏感さ】【感じ方】そのものは変えられないけど、生まれた後に身についた考え方や性格は変えられるんです。
生きづらさはHSPの部分じゃないんです。

ティー
ティー
HSPは生きづらいってよく見かけるよ?
なの
なの
確かにHSPは生きづらさを【感じやすい】けど、生きづらさは敏感さそのものなんじゃなくて、派生したものだよ
ティー
ティー
でも、気質が敏感だとやっぱり敏感じゃない人よりは生きづらいんじゃない?
なの
なの
そうだね、敏感だからこそ生きづらさを感じる人が多いんだよね・・でも、そこはHSPだから仕方ない・・で諦めなくていいと思うんだ

【敏感さ】そのものを変える必要はないし、気質はどうあがいても変えられない部分なんですよね。

一生懸命「敏感さ」を治す努力をした結果

わたしは、HSPの概念を知る前も知った後も、しばらくの間はこの敏感な自分を変えようとしていました。

・小さい事にクヨクヨしない方法
・鈍感力
・気にしないで生きる方法

などなど、自己啓発本をはじめ心理学なども勉強して「小さい事に気が付く」自分にめちゃくちゃダメ出しをしていました。
「自己肯定感を上げよう!」と思って奮闘していましたが、自分がやっていたことは「こんな自分じゃダメだ!」という自己否定だったんです。

当然生きづらさも消えることは無く、当時はHSPであることも盾にして「敏感なんだよ!普通の人とは違うんだよ!」と、わかってクレクレ星人になっていたんですよね。

なの
なの
HSPを知ってもなお、生きづらさからは抜け出せなかった

治す必要なんて1ミリもないのです・・!!

HSPの敏感さは、悪いことですかね・・?
気質なので良いも悪いも無いですが、果たして【敏感さ】は悪なんでしょうか。

わたしはにおいや音、人の感情エネルギーに特に敏感です。
無駄に第六感も働くので、知りたくない情報を知ってしまうこともしばしば・・。

でも、不快な臭いに体調を崩すこともあるけど、反対に季節の香りや自然の香りも存分に感じられます。
人間そのもののニオイで「あ!この人は合うぞ!」「絶対合わない・・!!!!」とか分かることも稀ですがあります。

ティー
ティー
え、犬なの・・?

音も同じで、けたたましいエンジン音とかには疲弊するけど、楽器の音や壮大な音楽なんかにもめちゃくちゃ感動するし、それはわたしにとって心地良いことだったりします。

人間関係に於いても全く同じです。

なの
なの
こんなこと知りたくなかった!

と思うこともあれば

なの
なの
おお・・やっぱり違和感あったし近づかなくて良かった

と自分を守ることも出来るので、この敏感さは生きづらさでもあれば生きやすさでもあるんです。

ティー
ティー
敏感さが悪いことではないのは理解出来ても、敏感だから生きづらいんだし、敏感じゃなくなれば生きやすくなるんじゃないの?
なの
なの
例えば、持って生まれた骨格は変えられないけど、表面的な見た目はメイクや整形で変えたり、成長と共に変わることもあるよね
ティー
ティー
まあ、骨格までは変えられないね・・・
なの
なの
気質と性格もそれと同じで、気質は変えられないけど【考え方】【性格】は変えていけるものなんだ

思考癖を少し修正するだけで楽になる

生きづらさを感じているとき、考え方に癖がついていることが多いと思います。

ティー
ティー
癖・・?
なの
なの
思考癖はみんなあるし、それ自体がダメなんじゃなくて、負荷がかかる癖がついてるとしんどくなっちゃう、みたいな感じかな
あわせて読みたい
【HSP】ぐるぐる同じ事を悩み続けてしまう時【思考癖】こんばんは、なのです。 https://nanolooog.com/hsp-hitorininarujikan 昨日の記事で...

スポーツ(例えばテニス)でも、身体のどこかに負荷がかかるフォームでラケットを振り続けたら、いずれ故障してしまいますよね。
癖ってついてから時間が経つとなかなか変えることが難しいし、自分ではそれが【癖】ということにも気付きにくいんです。

自分にとってはそのフォーム(考え方)が当たり前で、身体に馴染んでしまっているから。

生きづらさを感じる思考癖がつく瞬間は、傷を負ったとき。
もう同じ思いをしないように、その傷を庇う為にどんどん癖がついていって、それが【自分の考え方】になっていくんだと思います。

なの
なの
自分が傷ついた時はもちろん、周りからの価値観の刷り込みでも思考癖は作られていくよね
あわせて読みたい
【HSP】親の呪縛を解くのは自分しかいない【HSC】こんばんは、なのです。 いきなりダークなタイトルですが、私は小さい頃から親や兄弟から揶揄われてきた事の一つ一つをすごく覚えていて、...

ちょっとフォームを修正するだけで良かったりします。
慣れるまでは違和感があるけど、慣れてしまえば考え方や価値観はどんどん塗り替えていくことが出来るんです。

ティー
ティー
違う考え方を知ることが大事なんだね

敏感なままで大丈夫

わたしもずっと自分の敏感さに悩んでいたし、この敏感ささえなければ!と何度も思いました。
自分を責めなくていいと言われても、事実周りから責められるとそうは思えないし、周りから認めてももらえないのに自分を認められるわけないよ・・と。

でもどこをどうやっても、気質から来る感じ方(敏感さ)そのものは変えられないんです。

ティー
ティー
敏感さそのものはダメなことじゃないもんね
なの
なの
もしそれをダメって言ってくる人がいるなら、それはその人の価値観で、敏感な人にとっての正解というわけではない

だから、敏感なままで大丈夫なんです。本当にそのままで大丈夫。

考え方・捉え方の癖は、簡単ではないけどその気になればいくらだって変えていけるものです。それには勇気が必要だったり、それによって傷つくこともあるかもしれません。

でも、生きづらくて辛い、という想いは減らせるものです。

なの
なの
もっと言えば、無くせるものでもあると思う

もちろん、人が怖いとか、威圧的な人に支配されるとか、強迫観念とか思い込みなんかはすぐに無くなるものじゃないと思います。
物理的に1人ぼっちの環境だったり、言いようのない孤独感を抱えてしまったり。

【自分のことを認める】って、結構ハードルが高いんですよね。

でも、ダメだなと思ってしまうことも含めて、とりあえずそれでOKを出していいんです。
こんな自分にOKなんて出せない、という人も、じゃあその【自分を許せない自分】にOKしましょう。

ティー
ティー
でも許さないと楽にならないんじゃない?
なの
なの
だって、許せないのは仕方ないし、無理に許そうとするともっと辛くなっちゃう。大事なのは【OK】の数を増やしていくこと

HSPは敏感なままで大丈夫だし、少しずつ【自分のままでいい】って思えるようになればいいと思います。ときには、振り出しに戻ったりしながら。

なの
なの
わたしもまだまだ躓いてばかりだけど、敏感さとうまく付き合っていきたいと今は心から思ってます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です