HSP記

《改めまして》外向型HSP/HSS【なの】プロフィール

なの
なの
どうもいらっしゃいませ^^このブログの中の人、なのと申します。

愛犬ティーさんと暮らしています。

ティー
ティー
ティーさんだよ

ブログもお引越ししたことだし、【なの】の名前でブログを書くわたしについてお話したいと思います。

孤独感で「消えたい」と思っていた10代

なの
なの
見出しが暗い

「気にしすぎ」
「考えすぎ」
「いちいちわがまま」

小さい頃から家族にこう言われ続けて【自分はダメな人間なんだ】と思って生きてました。
においに敏感だったり、怒っている人のそばにいると消耗したり、人の悪意にすぐダウンしてしまったり、大人の嘘をすぐ見抜いたり。
大人にとっては、可愛げの無い子供だったんだと思います。

「なんでみんな嘘ばっかつくんだろう?」
「子供だから、妹だからでなんで小バカにされるんだろう」
「気にしないようにできない自分がダメなのかな」

いつも「なんで?」が頭にあった子供時代。
中学校時代は、制圧的な校風や人間関係に疲れて不登校になった時期もありました。

どこにも居場所が無くて、自分にとっての心の拠り所は、当時飼っていた動物たちだけ。
生きづらさというか、漠然と周囲との違いを感じていて孤独感がすごかったです。

「死にたい」というより、ここからキレイに「消えてなくなりたい」と思ってました。

 

なの
なの
逃げ場が無かったあの時代が一番辛かった

 

お世辞にも人付き合いが上手いとは言えない中学時代を経て、高校・専門へと進むにつれ、とにかく「弱い」自分を変えたいと思うようになりました。
自己啓発本を読んだり、明るく強くなろうと頑張ってみたり、大人数が苦手なのを克服しようと、みんなでワイワイを楽しもうとしたり。

人にも恵まれていたし楽しかったけど、虚しさみたいなのはいつも心にありました。
無理して「自分以外の何者か」になろうと頑張っていたし、そうすることで周りに認められようとしていました。

自由なのに生きづらい。HSPを知った20代

社会に出てからは、学生の頃に感じていた閉塞感もなくなり、「自分の責任で何でも
決めていける」ことに喜びを感じるようになっていました。

なの
なの
大人って自由で楽しい!でも、どうしても生きづらい・・

会社生活は基本的に楽しいものでしたが、相変わらず家族とはぶつかるし、いつまでこんな子供じみたことを繰り返すのかといつも悩んでいました。

「弱い」と言われる自分を治したかったし、家族にも「異常だ」と言われることもしばしばあったので一度メンタルのバランスを崩したことをキッカケに、「自分は何かしらの病気に違いない」と病院を受診。

発達障害や人格障害など、1つでも症状が当てはまりそうなものは片っ端から調べて、お医者さんにも相談しましたが、どれも該当するとは診断されず、最終的にたどり着いたのは「HSP」という気質でした。

なの
なの
「これか・・」と初めて腑に落ちたな・・

そして、気質は生まれ持ったものなので変えられない。変える必要はないということを知ったんです。

ちなみに、20代の間に転職もめちゃくちゃしました。長く続くところは長かったし、短いところは3日とか。

ティー
ティー
さすがに辞めすぎでは?
なの
なの
すみません

そして、一緒にいるとどうしてもしんどくなってしまう家族との関係。仲良くしたいのに、「なんでそんな事言うの・・」「なんでわたしの話を無視するの・・」「否定しすぎでは・・?」ということが本当に多くて辛くて、伝えることを諦めるようになっていきました。

そして小学生の頃から夢だった「東京で犬と一人暮らしをする!」という夢を叶えるべく、実家を離れて愛犬とともに上京したのが28歳のとき。

なの
なの
もう2年経ったのか・・!

上京してからは、生きづらさから抜け出すため、自分自身も成長するためにHSPの人たちが集まる場に行ったり、勉強会に参加するようになりました。

気質と仲良く生きていきたいと思うようになった

わたしが中学時代不登校だったとき、その原因は気質だけでなく、後天的に身についた
性格にもありました。

なの
なの
自分にも直すべきところはたくさんあったと思うし、反省したこともめちゃくちゃある

HSPの気質を持っていると「自分なんか・・」「失敗したらどうしよう」などと思いやすくなることは事実です。
でも、思考癖や性格は後からでも変えられるんですよね。

HSPだという事を知ってからもしばらくの間、わたしは「気質」を変えようとしていました。

・こんなことで傷つくなんて弱い
・くよくよ考えちゃダメだ
・みんな我慢してるんだから我慢しなきゃ

でも、それは大きな間違いでした。
その時点で自分のことを否定してしまっていたんですよね。

なの
なの
べらぼうに自己肯定感が低かった・・

問題は気質を責めるのではなく、自分らしく生きるにはどうしたらいいのか?

たくさん失敗した結果、たどりついた答えは

時には、自分が苦手な場所から離れて生きることを選ぶこと
苦手なところを隠すのではなく自分で認めて生きること

それは決して自分を通すだけのわがままな生き方ではなく、自分が生きやすい場所を自分の責任で見つけていくことだったんです。

人はみんな違います。
HSPだってみんな違います。

「違い」を非難する場もあれば、「違い」を認めてくれる場所もちゃんとあるんです。

もちろん、「違い」を認めてもらうためには、相手にこちらの気持ちを伝えたり、対等に接する必要もあります。
自分を卑下しすぎていると、不思議と他人からも軽い扱いを受けてしまうことに気づいたんです。

「自分を大切にして生きたい」と思ってから、わたしの周りの世界は大きく変わりました。

弱っちい自分のことが大嫌いだったけど、気質と仲良く生きられるようになってからは、そんな自分でもいいじゃん!と思えるようになりました。

もちろん色々悩みもあるけど、今は生きていることがすごい楽しいです。

ティー
ティー
飼い主がハッピーじゃないと犬もハッピーじゃない!
なの
なの
これ、専門時代の先生の名言

敏感さは「善」でも「悪」でもない

HSPは、単なる【気質】です。
特別なことでもなければ、悲観するものでもないものだと思っています。
一つだけ言えるのは、圧倒的に少数派である、ということくらい。

敏感さであるがゆえに「生きづらい」と思ってしまうなら、その生きづらさは無くせる、と伝えたいと思って、ブログを書き始めました。

わたしの場合は気質以前に、性格が卑屈でどうしようも無かったし、「感じ方は人それぞれ」ということを知らなかったばっかりに、たくさん人を傷つけてしまったこともあったと思います。

ずっと他人を「許せない」と思っていたし、そんな自分を一番許せなかったわけですが、そんなわたしでも変われたし、当時感じていた「生きづらさ」からは解放されることが出来ました。

わたしは「HSPは素晴らしい!」と過度に持ち上げて唱えようとは思いません。

ティー
ティー
HSPでも非HSPでも、いい所はそれぞれあるもんね

わたしの発信は「全HSPにとっての正解」ではないと思うし、もちろん専門家でもありません。
HSPのことを熟知していると言えるほどの知識も持ち合わせていないかもしれません。

わたしの発信に限らず、情報を鵜呑みにするのではなく、ご自身に合うヒントがあれば参考にしてもらえたら嬉しいなと思います。

なの
なの
もし、何か意見とかあれば伝えてもらえると嬉しいです・・!

もちろん、敏感さゆえに「嫌だな」と思うことは今でもたくさんあります。
でもそれは生きづらさではなくなりました。

理解されづらい感覚は、時に虐げられたりすることもありますが、人はみんな違って当然なんです。
見た目が違うように、感覚も、感受性も、価値観も、ぜんぶ違う。

 

なの
なの
敏感さは「特別な才能」でもないし「悪いもの」でもないと思うんですよね

わたしは「自分が自分でいられる」ことが、生きづらさから解放されるという意味なんじゃないかなと思っています。
そんな想いで、いちHSPのわたしが、犬との暮らしや、日々思うことをブログに書いています。

 

なの
なの
ここまで読んでいただきありがとうございました!
ティー
ティー
ゆっくりしていってね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です