HSP記

【HSP】孤独感とは仲良く生きていきたい【HSS】

こんばんは、なのです。

 

突然ですが孤独感を感じているみなさん。

孤独感って、ずっと側にいませんか・・?

 

私は非HSPの家族に囲まれて敏感さを否定されまくっていたので、小さい頃からとにかく孤独感がありました。

でも、大人になって恋人や友人に恵まれて楽しく過ごしていても、結局孤独感っていつも隣にいるんですよね。

孤独感はお友達

 

家族にさえ理解されない自分は価値が無い・・、と強いコンプレックスを抱いて大人になりましたが、理解してくれる人って普通にゴロゴロいるんですよね。

家族とはいえ血がつながってるだけで、結局は違う人間だから性質が違えば理解されない事もあって当たり前なのに「家族には愛されるものだ」という思い込みが自分を縛っていたんだと思います。

こう思った所で子供の頃の気持ちはなくならないけど・・

 

もちろん、家族に対して安心感が持てる環境だったならそれに越した事はないですが。。

 

でも理解してくれる人に出会ってからも、結局孤独感って消えないんですよね。

だったらもう無くそうとするんじゃなくて、大切なお友達として付き合っていきたいなと思うのです。

 

生まれる時も一人だし死ぬ時も一人

f:id:nanoooo:20180211124124j:plain

 

これはもう極論ですが、自分という人間は他にいないし、いつかこの世を去る時も一人なんですよね

自分以外の人間に100%理解してもらうことは出来ないし、ぽっかり空いた穴を都合良く埋めてくれる人なんていません。いたとしても一時のもので、永遠に持続なんてしませんよね・・。

 

今周りにいてくれる大切な人たちも、いつかは縁が切れることがあるかもしれないし、命あるもの、必ずどちらかが先に死んでしまうことになります。

永遠なんてないからね

 

孤独感を克服する必要はない

f:id:nanoooo:20180211124941j:plain

 

孤独感って別に克服しようとしなくていいのかなと思います。

克服って、あたかも孤独感が悪い感情みたいですよね。

寂しいという気持ちは確かに「喜」「楽」という楽しげな感情では無いのかもしれませんが、かといってダメなものなんでしょうか

孤独感という言葉が当たり前にあるように、人間は孤独感を感じる生き物です。

 

感じ過ぎるとしんどくもなるけど、孤独感を感じないことが幸せとは思いません。

 

隣の芝生は青くみえるもの

f:id:nanoooo:20180211125642j:plain

 

孤独感って、自分以外の誰かが埋めてくれるものでもないのかもしれません。

親友がいれば、恋人がいれば、家族がいれば・・!現状の「ない」ものに目を向けて、欲しいものを掴み取ろうとしても、掴んだ瞬間は幸せでもそれは幻想のようなもので溶けて無くなってしまいます。

 

誰かが持っている幸せ、一般的な幸せとされるものを掴んでも、孤独感は消えないのではないでしょうか。

親友がいる、恋人がいる、結婚している、家族がいる・・・これらの人々は、孤独感を感じていないのか?とすれば、答えはNOですよね。

 

みんな孤独感と生きている

f:id:nanoooo:20180211123713j:plain

 

繊細な人ほど、孤独感を感じた時に落ち込んでしまうと思います。

「孤独感なんて克服だ!」「寝て忘れよう!」なんて人はこんな風に打ち拉がれないと思う・・

HSPも身近な人に理解されにくかったりすることも多いだろうし、寂しい思いをしてきたなら尚更ですよね。

 

でも、どうか「自分だけ」と思わないで欲しいです

私もこれを書いている今も孤独感はピッタリ寄り添ってきているし、家族に理解してもらいたかったけど全く理解されなかった事を思い出したりして突然泣きたくなります。

 

みんな同じだから我慢しろと言ってるのではなく、同じように「孤独・・」とションボリしている人がここにもいるよ・・という話。

 

孤独感を強く感じる時、私は周りにいてくれる人たちに感謝するし、いつか壊れてしまうかもしれない儚いものだということも思い出します。

 

こういう大切な事をしんみり思い出させてくれるのは孤独感なので、いてくれてありがたいな、とも思うのです。

私は孤独感は大事な自分の一部。大切なお友達なのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です