個人思考

嫌な気分を引きずり続けたしくじりと、そこから学んだ解決法

なの
なの
こんにちは、なのです

嫌なことがあると、わたしはずっとそのことばかり考えてしまう癖がありました。それはもう延々と…絶望的な切り替え下手です。

数年前の自分に比べたらずいぶんマシにはなったのですが、苦手なことを改善していくって本当に時間がかかるものだなと痛感しています。

これまで、心のザワザワが収まらないとき、わたしはそれをもたらした相手に怒りの矛先を向けていました。

でも、自分の感情が動くときって、あくまでもその種は自分の中にあるんですよね。

思考の矢印を「相手」ではなく「自分の心」に向けることで、ザワザワの原因がわかってサーッと気分が晴れることが多くなりました。

常に良い気分でいることは難しいけれど、少なくとも嫌な気分を早く終わらせることはできます
せっかくなら楽しく過ごせる時間を増やしていきたいですよね。

なの
なの
我ながらとてもよい変化だと思ったので、嫌な感情の切り替えが苦手だ…という過去の自分に届けたい

嫌いな人を自ら増やしていた過去

誰かに何かを言われたり、ピクッと反応してしまう出来事がおこったとき、その相手の言動をジャッジして「嫌いッ!」となっていました。光の速さです。

でもそんな風に生きていると、一面だけでどんどん人を嫌いになってしまって、誰も信用できない…なんてことになってしまいます。(経験者です…)

当然ですが、人にはいろんな面があるし、その人にはその人の事情と価値観があるんですよね。

どんなに仲が良くたって、どんなに運命を感じていたって、100%価値観が合う人なんていないんです。

もちろん、意図的に悪意をぶつけてくるとか、壊滅的に価値観が合わないとかだったら離れた方がお互いのためです。

ただ、わたしは「出来事」と「人」を結びつけてジャッジしすぎていました。
問題は「出来事そのもの」であって、「その人そのもの」ではないのに。

結果、嫌いな人が増えて、自ら孤独の道を進んでいたように思います。

なの
なの
嫌いな人が多い、もしくは、人の嫌な面ばかり目に付くときは、自分としっかり向き合うチャンスかも

ザワザワが収まらないのは、相手をコントロールしたかったから

残念ながら、わたしは言われっぱなし、やられっぱなし…なんていう優しい性格をしていません。
同じようなことで嫌な思いを何度かしたら、「そう言われるのは悲しい」「とても嫌な気持ちになる」と伝えるようにしています。

アドラー心理学的に言うと、「相手に伝えること」はわたしの課題。
だから、わたしの課題はクリアできているはずで。

でも、それでも。
自分の中でザワザワが収まらない
なんなら、その相手の粗探しまでしてしまう。

そんな「許せない番長」の自分がいました。

そのザワザワを紐解いていくと「相手を正したい」「わかって欲しい」といった気持ちの表れだったことに気づいたんです。

どんなに反発したくなっても、戦う必要はないんですよね。
その人にとっては、それが正義なのだから。
相手がどう考えるかは、相手の課題です。

気持ちの切り替えが出来なかったのは、問題を相手のせいにしていたからで。
でも自分の中に問題があるとわかれば、コントロールできない他人に対してザワザワし続ける必要はないなって思えますよね。

なの
なの
相手を「正そう」とするのは、どんな近しい関係であってもマナー違反だった

向き合う相手は自分自身

ある人のある一面に対して理解不能だったからといって、その関係ごとぶった斬るのはちょっと違ったなあ…と、過去の自分の選択を反省しています。

もちろん、むやみやたらに関係を断ち切っていたわけではないけれど、「許せないっ!」と感じ、突っ走ってしまう頻度は多かったなって思うんです。

正直、今でも心のザワザワが止まらなくなることはあります。
だけどそのたびに、相手ではなく自分の心と向き合う時間をつくることで、短絡的なジャッジはしなくなったなって思うんです。

ザワザワの原因は相手ではなく、そう感じる自分の心にあることがほとんど。

それに、いくら親しくても、すべての言葉を重く受け止める必要なんてありません
完璧な人なんていないし、完璧な関係もありえない。

人のせいにしたくなることも起こるけれど、自分の感情が嫌な揺れかたをしたら、ぜひチャンスと思って自分の心を掘りまくってください。

そして、「相手への」イライラ、ザワザワで苦しむ自分を解放してあげてくださいね。

ティー
ティー
完璧主義は自分も周りの人も息苦しくなっちゃう
なの
なの
感情が教えてくれることって大きいから、汚い感情も否定せず大切にしてね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です