HSP記

HSP同士の時間を過ごす中で改めて感じたことと、静かな決意

なの
なの
こんばんは、なのです

HSPの交流会やお茶会に参加する中で出会った、HSPの友人や知人。

普段はそんなに連絡を取るわけでもなく、仲良くなりたくてもあまりグイグイ行けないタチなので、ゆるやかに繋がっている方が多いです。

なの
なの
HSPでもほんと、個性が色々だなって思います

偶然ではありますが、ここ最近はそんなHSP仲間と過ごす時間も多く、共感だけでなく新たな発見や視点もあったりして、穏やか楽しい時間を送ることが多かったです。

なの
なの
改めて、共感はわたしを救う、と思った

独特の穏やかさに包まれる

個性はそれぞれですが、HSPの人の醸し出す雰囲気ってなんともいえない穏やかさがある気がします。

初めて会ったときも感じた「わ、なにこの安心感〜」という感覚。

個別で会うときもそうだし、複数人だったとしても、みんなHSPだと独特の居心地の良さがあるなあと感じます。

当たり前に聞いてもらえるし、どちらかだけが一方的に話し続けるという現象も起こりにくいから、すさまじい安心感がそこにはあります・・!

HSPに対しての捉え方や表現はそれぞれだなと思った

https://twitter.com/nano_kcgs/status/1031751111244304384

ブログでも何度も触れていますが、わたしは個人的にHSPは単なる気質、とよく表現しています。

個人的にはHSPが特別、という気持ちは持っていなくて、仮にHSPが特別だとしたら、敏感さも鈍感さも、言うなればそれぞれの個性はすべて特別、という解釈になるからです。

だから、このブログでもHSPに対しては、HSPを過度に特別視したり、卑下する対象でもないと書いていたりします。

ただ、これはあくまでもわたし個人が思うこと。

HSPに限らずですが、物事の捉え方や表現の方法は本当に人によって違って、何を信じるかは個人の自由なのかな、と。

HSPについて断定できる情報は、HSPの4つの特性である【DOES】、これだけだと思っています。

あわせて読みたい
HSPってなに?敏感?繊細?先天的に感受性が強い「高感度」な人たち このブログでの大きなテーマの一つであるHSP。 HSP=Highly Sensitive Person (ハイリー・...

わたしのまわりのHSPの人も、みんな個性は違います。
内向型・外向型、HSS・非HSSなど、傾向もまちまちです。

似たような傾向はあるけど、でもそれも全てではありません。

HSPについての理解や捉え方も違ったりするし、違いは違いで「ほう・・なんでそう思うの?」と聞いてみると、「なるほど!」という答えが返ってきたりするので、自分だけの見解では図ることが難しいんだなと、とても興味深く思いました。

なの
なの
違う意見でも否定はしないでいたいし「なぜ??」って聞いてみる方が面白いと思ってる

色んな考え、解釈に触れるから自分がわかる

違う意見だったとき、たとえそれが自分では納得出来ないものだったとしても、頭から否定する必要は無いんじゃないかなと思っています。

なの
なの
だっていきなり否定されたらめっちゃ悲しい・・!

色んな人の価値観に触れて、自分をどんどんアップデートさせて行きたいし、違いがあるからこそ、自分の信念もわかるものだと思います。

もちろん、自然と価値観や考えが似ている人と一緒にいることが多いとは思いますが、「自分が全て正しい!」みたいに持論を振りかざしても、争いにしかならないですよね。

わたしがディスカッションの心を大切にしたいのは、相手の気持ちに寄り添っていたいからなんだなと、HSPの人たちとお話をしている中で改めて気づくことができました。

なの
なの
まあ、あまのじゃくなので押し付けられると絶対に聞かないけどね
ティー
ティー
頑固かよ・・

やっぱり共感で救われると改めて思った

https://twitter.com/nano_kcgs/status/1031034879809482752

詳しく説明せずとも深い部分を理解してもらえたり、意見が違っても自然と寄り添ってもらえる居場所は、とても貴重な場だなと思いました。

もちろん普段も否定されまくっているわけでもありませんが、感覚が似ていたり、根っこの部分が同じだと、心からの「くっ・・わかる・・!」が貰えたりするので、わたしは共感に救われる人間だなあとしみじみ感じました。

あと、これもわたしの肌感覚ですが、HSPの人って結構おしゃべりな人が多いと思うんですよね。

ただ、ワーッとみんなが話していたり、ワンマンショー状態になっている場では、話したくても聞き役に回ってしまいがち。

なの
なの
聞いてくれない場では、とてもじゃないけど話せない

でも、聞いてくれる相手や話しやすい場所ではいっぱい話したいし、話しすぎちゃった!って経験がある人も多いんじゃないでしょうか。

HSP同士の心地よさを広めていけたら

HSPは5人に1人と言われていますが、普通に生活している中でHSPに出会う確立ってあまりありませんよね・・・?

厳密に言えば、自分と似たようなタイプのHSPに偶然出会うのはかなり確立が低いと思います。

HSPでも敏感さがどこに向くのかや、その度合いなども全然違うので、個々の性格も相まって「似た」「相性が合う」HSPの人となると更にふるいにかけられるんじゃないかな、と。

もちろんわたしと相性が合わない人もたくさんいると思うけど、この居心地の良さを1人でも多くのHSPの人に知ってもらえたら、すごく心が軽くなるんじゃないかなと思います。

個人的なHSP月間を通して、改めて温かい場所っていいな、と思い、そんな場を自分も誰かに提供できたらいいな、と決意が固まりました。。

近々お知らせをさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いします^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です