家族の話

家族との関係に悩む人へ伝えたい

なの
なの
こんにちは、なの(@nano_kcgs)です

家族や親との関係に悩む人は、思っている以上に多いのかもしれないなと思います。
【毒親育ち】という言葉は、SNS上でもよく見かけるようになりました。

【毒親】と聞くと、目に見える虐待やネグレクトなど、いかにも悪意に満ちた毒々しさがありますが、毒親の定義ってあるのかな、と疑問を抱きました。

わたし自身、家族との関係について何度か記事にしていますが、だからといって毒親に育てられた、とは思っていません。

「ひどいな」と思うことも多かったですが、かといって愛情がを全く感じなかったかと言えば決してそんなこともなく。

少し前、ある友人に家族のことを話す中で「まあ毒親ってわけじゃないんだろうけど・・」と言ったとき、「でも、毒親って悪意ある虐待とかする親のことだけじゃないよね?」と言われて、確かにそうなのかもな、と。
その友人は家族仲がとても良いので、「結構ひどいね・・そりゃ傷つくわ・・・」とわたしの悲しみを分かってくれたことがとても嬉しかったんです。

「悪気があったわけじゃないんだから」
「そんなひどい育て方したって言うの?」
「そんな風に感じたのはあんただけだよ」
という家族に対して疑問を抱いていたことは事実なので【毒親とは何なのか】、【現在進行形で家族関係に悩む人に伝えたいこと】を、一人の当事者として書きました。

なの
なの
あまり自分を追いつめないでね

毒親とは「悪影響を及ぼす親」

【毒親】とググると、色々な定義が出てきます。
わたしなりに調べた結果「身体、及び精神的に悪影響を与える親」が毒親と言えるのではないか、と解釈しています。

身体的な虐待、悪意ある対応、明らかな別兄弟との差別やネグレクトなどは、毒親と言われても仕方ないと思います。
でも、無自覚かつ精神的な支配や虐待は、見えないからこそ判断も難しいなと感じます。

そして、同じ親に育てられても、兄弟姉妹全員が同じような傷つきやトラウマを抱えるわけでもありません。

親と子の相性と言ってしまえばそれまでですが、成長段階の子どもにとって、精神的に悪影響を及ぼすことが毒親と言えるのかもしれないとわたしは思います。

そういった意味では「わたしにとっては」家族は毒だったと言えるかもしれません。もちろん、全てではありませんが。

なの
なの
悪影響も強く受けたことは、事実だと思う
あわせて読みたい
克服できた気がするので、醜形恐怖症だった話をしてみる 自分でもずっと認めたくなかったことなんですが、わたしは【醜形恐怖】という心の問題を抱えていました。 お医者さんに醜形恐怖症...

わたしたちに投げられがちな言葉に対して思うこと

【毒親育ち】という言葉。
自分にとって悪影響だったと感じるからそう表現しているんだろうし、どんなことがあってどう心が傷ついたかなんて当事者にしかわからないので、他人が口出しできることではないと思います。

でも、世間から浴びる言葉って結構冷たいなと思っていて。

「育ててもらったんだから」
「大人になってまでウジウジ言うなんて」
「誰のおかげで大きくなったと思ってるんだ」
「二度と会えなくなったときに後悔するぞ」

確かにそれも一理あります。
結果的に今、こうして生きていられるのも、元を辿れば両親や家族というコミュニティに属して守られていたからだと思います。

親には親のバックグラウンドがあって、兄弟姉妹にはそれぞれの感じ方や捉え方があることは当たり前のこと。

ただ、そういう押し付けが、どれだけ人を傷つけるかわかってんのか?と言いたい。
そんなこと頭では何千回と理解しているけど、それでも許せないから悩んでんのじゃ。

仮に自分がそうやって乗り越えたのだとしても、人に押し付ける行為自体が、【毒親ゆずりの言動】だということを知っておいて欲しいと思います。

なの
なの
自分自身に向けられていなくても、こうした言葉はめちゃくちゃ腹が立つ

許せなくてもいい、許してもいい

「許せない」と悩む人は、許せないとただただ怒り心頭なわけではないと思います。

前述した通り、そこには色々な葛藤があって、育ててもらったという恩も同時に感じるからこそ、それでも許せない気持ちと戦っていることと思います。
許したくても許せないから、悩むんです。

中には、人には言えない悩みとして1人で抱えている人もいるかもしれません。

許せない気持ちに蓋をして無理に許そうとしても、いずれそれは不具合として滲んできます。許せないなら「許せなくていい」と思っていいんです。自分を壊す必要なんてどこにもないのです・・。

距離を置くも良し。
理解を求めて働きかけるも良し。
表面的な付き合いにシフトするも良し。

わたしは、許せるときが来たら、その時に許したらいいと思います。
その時は明日突然やってくるかもしれないし、一生来ないかもしれません。

でも、わたしは親や兄弟、家族に都合のいい存在として生きているわけではないし、彼らと同じように自分にも心の都合があります。
(わたしは良い子ちゃんだったわけではないですが)

大切にしたいのは「自分が」どうしたいかだと思うし、許すも許さないも、自分で決めていいのでは、と思っています。

なの
なの
わたしもまだ「完全に乗り越えた」とは言えないけど、許さなきゃと思うことをやめたら心がフッと楽になった感じはあるよ
ティー
ティー
「許す」をゴールにせずに、ひとまず自分の気持ちを大切にしてね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です