ストレングスファインダー

【感受性】小さな感動をキャッチできる楽しみ【共感性】

なの
なの
こんにちは、なのです

感受性が強いと表現されるHSP。
些細な刺激も強く受け取るため、疲れやすい面もありますが、多くの人が流してしまいがちな「喜び」「感動」「幸せ」も同じようにキャッチすることが出来ます。

悪い方に目がいくのは自然なことなので忘れそうになるけど、HSPの人は幸せ探しもとても上手な人が多いと思うんです。

なの
なの
振り回されることもあるけど、せっかくの感受性、活かしてこ・・?という、個人的な提案です

「気づく」ことができる強み

「敏感」「繊細」「気にしすぎ」などと表現されることが多いHSP。

言葉によってイメージは変わるけど、要は「気づく」ってことなんですよね。
感度が高いので、些細な刺激も受け取るようにできているんです。

感性は目に見えないし数値化することも難しいから、それだけ理解してもらいづらい部分ではあります。
でも、「気づける」ということは強みでもあると思っていて、何事も本人が気づくところから始まるとも思うのです。

もちろん「鈍感さ」も強みになりうるし、どっちが優れているとかではないんだけど、大切なのはないものねだりをするのではなくて、「気づきやすい」カードを配られた自分を、どう乗りこなしていくかが重要だと思っています。

なの
なの
気質は選べないから、強みは活かし、弱みはカバーしながら生きたいと思う

境界線は強化できる

これまでも「他者との境界線」についての記事をいくつか書いてきましたが、わたし自身も少しずつ他者との境界線を引けるようになったと思っています。

先日参加したストレングスファインダーのイベントでも、「共感性が強い人は、透明なバリアをイメージして、相手の感情を察しても相手が持つネガティブな感情を自分の中に入れないようにするといいよ」とアドバイスされて、なるほどなと思いました。

イメージは繭、光、膜など様々ですが、わたしは水族館での展示に使われるようなクリアに見えるけど、めちゃくちゃ分厚い強化ガラスをイメージしてます。笑

今日明日で身につくものではないかもしれないけど、続けることで確実に境界線は引けるようになるから、他人の感情が入ってきやすい、影響を受けやすい人は境界線を意識してみて欲しいなと思います。

あわせて読みたい
【HSP】境界線を強くするために行った3つのこと【エンパス】 HSP関連の書籍でも「境界線」とよく表現される【他人と自分は別である】という認識。 みなさんはこの境界線、上手く引けていますか...
なの
なの
自分がしっくりくるイメージを描いて、なるべく続けてみてね

感情は大切にしていこう

感受性が高い人は、自分を含めて周りの感情にも振り回されることがあります。
あまりに辛すぎると、生きるために感情に蓋をしてしまう人もいるかもしれません。

でも、せっかく持って生まれた豊かな感受性、これはこれで強みでもあると思います。

他の人から見たら「そんなこと」でも、自分にとってはめちゃくちゃ幸せを感じること、喜びを感じること、感動できる瞬間も、それだけ多いんじゃないかなと思います。
HSPや共感性の高い人は、無意識でも日常の小さな幸せ、感情を分かち合う喜びをキャッチできる、おトク気質とも言えますよねっ!

なの
なの
自分が大事にしたいことだから影響を受けるんだよね
ティー
ティー
境界線も意識しながら、感情を存分に感じていけたらもっと最高だね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です