HSP記

【柳のように】自分軸を持っていたい【しなやかに】

なの
なの
こんばんは、なのです

自分軸・他人軸という言葉がありますが、多くの人が他人の言動に惑わされたり自分というものを見失いがちな世の中だな・・と思います。

他人に影響されやすいHSPの人は、どうしても他人の感情や言動に振り回されてしまうことも多んじゃないかな、と。

無自覚なことも多いはずで、エンパス気質や過剰同調になりやすい人なら特に「そもそも【自分】がわからない」といった状況にも陥りやすい気がします。

【自分】を知って、【主体的】に生きることが【自分らしさ】に直結すると感じているので、わたしが大切にしていることを残したいと思います。

なの
なの
他人に振り回されがちな人は、少しでも自分で選ぶことをやってみて欲しいなと思う

自分を知ることは本当に大切だと思う

「あなたはどんな人間ですか?」と聞かれたとき、すらすらと答えられる人は少ないのではないでしょうか。
もちろん就活や面接でもない限り、こんな質問をされることも少ないと思います。

でも、自分のことをよく理解しておくことで、多少のことでは周りに振り回されずに済むんじゃないかなと、わたしは実感として感じています。

自分はこう!と決めつける必要もないけれど、確固としてある価値観や気質、資質の根本を理解しておくことは【自分軸】を保つ上でも大切なことだと思います。

わたしはHSPという気質の他、内向型・外向型、HSSという資質、ストレングスファインダーなどで、外部からの診断が出来る部分も認知したおかげで、腑に落ちる【自分】が見えてきました。

あわせて読みたい
資質は才能!ストレングスファインダーに自分のことを教えてもらった 突然ですが、あなたは自分の【才能】が何だか知っていますか? 【才能】というと、ごく一部の選ばれた人にしか授けられていないものに...

こうした【自己理解】の類は、興味がない人には本当に興味のない分野になるかもしれないけど、自分らしく生きたいという人には、すごくオススメです。

なの
なの
自己理解を深めたことで、他の人が大切にしていることも知れて、良い【境界線】が引けるようになったなと思う

自分の気持ちは掬い出したい

自己理解を深めたからと言って、他人から影響を受けない、振り回されない、ということでは決してないと思います。

人は変化する生き物ですし、白黒つけられることだけではないですよね。
だからこそ「自分はこういう気質(資質)を持っているから何が何でもこうなんだ!」と思い込む必要もなくて。
認識として「こういう特性を持っているんだなァ〜」「だからこれが嫌なんだなァ〜」と知れると、自分のことも客観視出来るんですよね。

他人の影響を受けやすい、という面は一見生きづらさに直結しているように思えますが、見方を変えれば「色んな価値観、世界観を吸収できる」ということでもあると思うんです。

なの
なの
自分だけの価値観で突き進むのも良いけど、これはこれで色んな世界が広がるしラッキーだよね

【自分軸】とは、自己中心的なふるまいをすることでは決してないと思います。

「自分自身はどう思うのか」。
それによって選ぶべきものは変わってくると思うので、特に影響を受けやすいと感じる人ほど、【自分自身に戻る】時間を、1日にほんの少しでも設ける必要があるんじゃないかなと思っています。

なの
なの
自分の気持ちを掬い出して欲しい

なんだって自分で選んで良いと思う

わたしはなるべく、主体的に生きていきたいな、と思っています。
受動的に生きることが悪いことだとは思いませんが、自分の性格上、周りに流されて生きると苦しくなってしまうからです。

家族関係、学校や職場の人たち、住宅環境など、簡単に切り離せないこともありますが、でもその中でも小さな選択肢はたくさんあると思うんですよね。

・「NO」と伝える
・飲み会の誘いを断る
・悪口大会に参加しない
・食べたいものを食べに行く

本当に小さなことですが、周りに合わせ、期待通りに動きすぎるとやっぱり疲れてしまうと思うんですよね。。

小さいことだけでなく、環境が変わるような大きな選択を迫られることもあると思います。
ただ、小さい選択を躊躇っていては、大きな選択もより恐怖になるんじゃないかなと思います。

自分で決めずに人に委ねるのは、苦しいですが楽でもあると思っていて。
人のせいに出来るし、逃げ道が作れるんですよね。
でも、それでは不満が溜まってしまうだけで。。

わたしは責任は自分で取るという前提で、自分軸を大切にしながら、何事にも主体的に取捨択一していきたいなと思っています。

https://twitter.com/nano_kcgs/status/1068090600757444613

なの
なの
選べなかった、という環境でも、その中でも選べることはある
ティー
ティー
まずは自分一人で出来る小さな選択をしてみて欲しいな・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です