HSP記

【悪意】いやなひとは、いるよね【消耗】

なの
なの
こんばんは、なのです

突然ですが、人の悪意・・嫌ですよね。
悪意そのものはもちろんですが、悪意をすぐにキャッチしてしまう自分にも嫌になっちゃったりするんですよね。

悪意に触れたり、触れ続けることによって、心はどんどん削がれてただ疲れていきます。

なの
なの
嫌なひとはいるよね、わかる・・!

ヒリヒリした気持ちに寄り添えるブログが書きたいなと思って、今回は「悪意に触れたとき」の記事を書いてみました。

悪意を感じたときにわたしが思い出すことや、大切にしていることも紹介しているので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

落ち込む自分を責めないでね

悪意に気づいて打ちのめされるとき「自分はなんて弱いんだ・・」と自分を責めてしまうことってありますよね。

周りはいちいち落ち込んでなんてない(ように見える)し、うまく割り切っていたり、そんな周囲と比べて落ち込んだり。

他人が言う「そんなこと」という言葉に、たくさん傷ついてきたなあとわたしは思います。
誰かにとっては「そんなこと」でも、自分自身にとっては打ちのめされるほど大きな出来事なんですよね。

ただでさえ落ち込んでいるのに、もうそれ以上自分を責める必要もないと思うんです。

なの
なの
自分で傷をえぐらないでね・・

悪意じゃない可能性もあるかも

1つ、可能性として忘れないでおきたいな、と思うことがあって、それは「悪意では・・?!」と感じたときも、相手は特に悪意を持っていない可能性もある、ということ。

自分自身が深く考えていたり、理由なく人に冷たくしないなど気を付けている人ほど、「あれ?」という言動をされると理由を探してしまいがちなんですよね。
「大した理由がないのに冷たくする」という実体験が自分の中にないので想定できないし、信じられないんです・・うん・・信じられない・・。

でも、世の中には本当に色んな人がいて、深く考えて人付き合いをする人も大勢いますが、そうでない人もたくさんいます。
そして、そもそもHSPという気質を持っている場合、察し力がものすごく高いんです。

多くの人が気づかない(もしくは気にしない)レベルのことも、「( ゚д゚)ハッ!」と違いに気づくんですよね。

だからこそ「そんなこと」「気のせいでは?」と思われてしまうんだけど、人によっては本人でさえその違いにも気づいていないってこと、結構よくあるんです。

悪意があるように見えても、それは自分に置き換えて考えている(深く考えて行動することが前提)ので、そうでない場合もある、ということを知っておくと少しだけ客観的に捉えられるかもしれません。

なの
なの
わたしもこれを理解するのにめちゃめちゃ時間がかかった・・

自分で選べることは選んでいこう

人の悪意に触れると消耗しますよね。
二度と会わない人であればまだ良いですが、継続的に付き合っていかなければならない相手だと波風を立てるのも気が引ける・・とつい我慢してしまうもの。

どんな人間関係でも多少の我慢や譲り合いは必要ですが、悪意のある人とは無理に付き合う必要はないと思うんです。
不用意に会わない選択をしても良いし、必要以上に愛想よく接しなくても良い。

家族や会社・学校など、切り離すことが難しい間柄でも、自分で決められる選択もあるんです。

相手に飲まれるのではなく、自分の気持ちを大切にして、そこから選択できることは自分で選んでいいと思うのです。

人の気持ちを考えられる人ほど、それが例え嫌いな相手であっても「相手はどう思うかな」と、人の気持ちを優先してしまいがちですが、そんな人こそ自分の気持ちを大切にして欲しいと思うんです。

なの
なの
わたしは相手の機嫌を伺ったりするのはやめた

嫌な人は・・いるよね

「どんな人も良い面もあれば悪い面もある」という考え方もあると思いますが、わたしは、そうは言っても嫌な人っているよねと思います。

そりゃ長所と短所は紙一重だし、見せる面も人によって違うでしょう。
でも、悪意を向けてくる人って、自分にとってはシンプルに嫌な人じゃないですか・・。

正論であったとしても、押し付けは暴力になりえると思うんです。
「あの人こんないいところもあるよ!」なんて言われても受け入れられないときってありますよね。

だって、自分にとってはめちゃめちゃ嫌な人ですから・・。
でも、あからさまに態度に出したり悪意を向け返しては、相手を同じ土俵に立ってしまいます。それだけはイヤ。。

でも、「やだこの人キライ」って思う自分を否定したり、ましてや自分を責めることはしないで欲しいんです。

嫌な人はいる。
だけど、悪意に飲まれるんじゃなくて、自分がどうしたいのかを選び取っていこうね、というシンプルなお話でした。

なの
なの
嫌な人はいるよね・・って言ってもらいたい夜もあるよね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です