HSP記

【しつこいようですが】HSPの特性はDOESの4つだけ【何度でも】

なの
なの
こんばんは、なのです

いちHSPとして、感じたことや思ったことを発信している身で、こんなことを言ったら元も子もない話なのは十分承知ですが・・

HSPってなんだろな・・?

なの
なの
と、思うことがたまにある

・HSPはこうだ!
・HSPの向き不向き
・HSPはこうするべき

・あの人はHSPじゃない
・HSPはこんなことしない

HSPとは言っても色んな人がいますから、その中で感じることや意見が割れることもあって当たり前だとは思います。
多様化は認知度が高まっている表れだと思いますが、こりゃ〜混乱しちゃって当然だなーと思うのです。

で、結局HSPってなんなの?自分はHSPなの・・?と、ハテナでいっぱいになってしまう人に向けて、何度でも【HSPの特徴は4つである】ということをわたしは発信していきたい・・。

なの
なの
しつこいようですが、HSPの特性は4つですヨ・・!

HSPの4大特性はDOES

HSPってなに?と聞かれたとき、わたしは断言できることは、DOESの4つの特性だけだと理解しています。

【D】epth of processing(深く処理する)
【O】ver aroused(過剰に刺激を受けやすい)
【E】motional reactivity and high empathy(感情の幅が広く、共感力が高い)
【S】ensitivity to subtle stimuli(些細な刺激を察知する感受性)

あわせて読みたい
HSPってなに?敏感?繊細?先天的に感受性が強い「高感度」な人たち このブログでの大きなテーマの一つであるHSP。 HSP=Highly Sensitive Person (ハイリー・...

確かに、DOESはどこか抽象的でフワッとした表現かもしれません。
でもそれだけ、度合いや感じ方はHSPでも違うということなんだと思うんです。

先天的な気質であるHSP。
環境などによってその敏感さに磨きがかかることはあっても、元の感じ方から鈍感になることは出来ないし、育った環境によって後天的な性格・スキルとして【身についた敏感さ】は、【HSPの敏感さ】とは違うものだと思うのです。

変えられるとしたら、性格や考え方といった後天的に身についたものであって。
感じ方そのものは変えられないのです。

あわせて読みたい
HSPは治せないし、治す必要は1ミリもないからそのままでいてね 先日調べ物をしようと、HSPで検索したら予測変換で【HSP 治し方】と出てきました。 と思ったので、【HSPは治さ...

偏った情報・強い言葉より【本質】を見失わないで

HSPの概念は4つとアーロン博士も提唱していますが、捉え方や見解の違いはあって当然なことと思います。

わたし自身も情報には圧倒されたり混乱されがちなので、普段はあまりHSPの情報に触れすぎないようにしています。
先日、少し思うところがあって情報を集めてみたところ「おおお、こんなに情報が多いんだな・・!」と改めて感じました。

あわせて読みたい
HSP情報にまみれないようにしている理由 いちHSPとして感じたことや思っていることをブログやツイッターでアウトプットしていますが、わたしはあまりHSP関連の情報に触れすぎな...

HSPは病気ではないから、誰かに診断されることも判断を仰ぐことも出来ないと思っていて。
(わたしの肌感覚として「HSPとは思えない・・!」と感じることがあるのは正直あります。でも、それはあくまでもわたしの主観でそう感じるだけなので言い切ることも出来ないと思っています。)

もちろん研究が進んで、何か決定的な基準が明確に数値で出せるようになったら違うかもしれませんが、【気質】という性質上、それも現状難しいと思うのです。

情報が多いことは決して悪いことではありませんが、偏った情報や誤解を生む情報も多いことも確か。
強い言葉で表現されていると、つい「そうなのかな」と思ってしまうこともありますよね。

だから何度でもHSPの特徴は4つだと言っていきたい。
逆にどれか1つでも当てはまらないなら、HSPの概念から外れるのではないか・・と思います。

【HSPの気質を持った自分】を理解すること

ただでさえ深く捉えるHSPの気質上、情報過多で迷い、疲れてしまうこともあると思います。

あわせて読みたい
情報に触れすぎて疲れちゃったら、よきところで休もうね HSPは1つの情報に対して深く処理するため、1つの出来事であっても受け取る情報量がとてつもなく多い、と言われています。 そのた...

でもそうなってしまっては本当にもったいない。

自分らしく生きていくために、わたしは自分自身を知る必要があると思っていて。
そのとっかかりとしてHSPという気質にたどり着けたことは、とてもラッキーだと思うんです。

【HSP】としての情報を集めるのも大切ですが、一番大切なのは【HSPの気質を持った自分自身】だと思うんです。

HSPは概念として定義されていますが、人は個性もあれば経験・価値観も様々ですよね。

なの
なの
一番大切な【自分自身】を置いてけぼりにしないであげて欲しい

誰かに認めてもらう必要なんて、本当はない

HSPについて発信している人もとても多いですし、その中で似たような価値観を持っている人に出会うこともあるかもしれません。
深い部分を理解してくれる人がいるって、本当に心が楽になりますよね・・!

仲間を探したり求めるのは全然悪いことではないけど、逆に違うからと言って落ち込んだりする必要も全くないんです。

誰かと一緒だったり認めてもらえると嬉しいし、安心できますよね。
でも、本当は自分以外に認めてもらう必要はないんですよね・・。

なの
なの
なによりも大切なのは、まず自分が自分を理解すること

「HSPとは」を自分の中に落とし込むまでは時間もかかるし、誰かの発信の力を借りることもありますよね。
たくさん情報を見つけられる分、その人の感情や主観を丸々飲み込むのではなく、自分はどう感じるのかを大切にして欲しいなと思います。

わたし自身も承認欲求の塊ですが(笑)、他人の評価を求めるより、自分が自分の味方であること。自分が一番の理解者でありたいなと思っています。

なの
なの
情報がたくさんあって迷うこともあるけど、HSPを含めた自己理解を深め、自分らしく生きていきましょ・・!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です