HSP記

HSPってなに?敏感?繊細?先天的に感受性が強い「高感度」な人たち

なの
なの
こんばんは、なのです

このブログでの大きなテーマの一つであるHSP。

HSP=Highly Sensitive Person
(ハイリー・センシティブ・パーソン)

でも、HSPと聞いて「なにそれ」と思う人の方が多いんじゃないかなと思います。

そこで【HSPの概念】についてお話したいと思います。

HSPとは気質のこと

HSPとは、日常に溢れる様々な刺激に対して、感覚が敏感・あるいは過剰に反応する気質を先天的に持った人のことをさします。
アメリカの心理学者、エイレン・N・アーロン博士が提唱した概念になります。
※ご自身もHSPです

なの
なの
「敏感さ」は後天的にも身につくけど、HSPは先天的に敏感な人のことを指すよ

人間だけでなく、昆虫や動物などすべての生き物で約15−20パーセント(5人に1人)くらいの割合で、こうした敏感な気質を持った個体が存在するそうです。

ティー
ティー
5人に1人って、意外と多いんだね

Highly Sensitive Person
超高感度人間

なの
なの
色んな訳し方があると思いますが、直訳するとこうなります
ティー
ティー
英語力のなさ・・!
なの
なの
いや、間違ってはない・・と思ってる

 

・敏感な人
・繊細な人
・傷つきやすい人
・圧倒されやすい人

このように、HSPは色々な表現をされることがあります。

なの
なの
HSPは単なる気質の1つで、病気ではありませんヨ

HSPの特性はとってもシンプルな【DOES】

HSPは、その敏感さから「生きづらさ」を抱えてしまいがち。

なの
なの
わたしも、めっちゃくちゃに生きづらかった・・

ただ、生きづらさや気質ならではの悩みはあくまでも派生したもので、HSPの概念は以下の4つのDOESと呼ばれるものになります。
いくらHSPが抱えやすい悩みをたくさん持っていても、この4つのうち1つでも当てはまらないとHSPではない、とも言えます。

なの
なの
いくつかの例と一緒に解説していきますね

【D】epth of processing(深く処理する)

無意識の中で、1つの情報からいくつもの情報を拾って、そこで更に考察して処理する・・という特徴があります。

・あらゆる可能性を1つ1つ想定する
・1つの情報に対して、複数の情報を受け取る
・慎重に考えてから行動する

なの
なの
あらゆる可能性を事前に考えるので「思いもしなかった事態になった」という経験は少ないかも・・

【O】ver aroused(過剰に刺激を受けやすい)

出来事に対して過剰に刺激を受けやすく容易に圧倒されてしまいます。

・救急車のサイレンや、爆音のエンジンなどに圧倒され、しばらく落ち着かなくなる
・怒っている人、イライラしている人がいると、原因が自分でなくても消耗してしまう
・興奮・びっくりするとなかなか寝付けない

なの
なの
本当にすぐびっくりするし、びっくりすることにびっくりされる
ティー
ティー
二次災害が勃発

【E】motional reactivity and high empathy(感情の幅が広く、共感力が高い)

共感する力や感受性が強く、他人のことでも自分のことのように感じます。

・テレビや映画、ニュースなどに感情移入しやすい
・悩み相談を受けると、自分のことのように考える
・音楽や絵画などの芸術に深く感動する

なの
なの
暗いニュースを見ると、被害者・被害者の家族・犯人・犯人の生い立ち(なぜそういう人物になったのか)など、事件そのものから背景に至るまで考えを巡らせてしまうので・・特にニュースはテレビで見ないようにしてる
ティー
ティー
我が家は基本的に無音だよね・・w

【S】ensitivity to subtle stimuli(些細な刺激を察知する感受性)

あまり人が気付かないような微かな変化にも気付き、その刺激を深く感じます。

・小さな音や微量なにおいを敏感にキャッチする
・味の変化(悪くなっているもの)に気づきやすい
・まぶしい光が苦手

なの
なの
「このおかず悪くなりかけてる」といちいち突っ込む子供だったので、母親はめちゃくちゃ鬱陶しそうだった・・

チェックリストはこちら

ちなみに、HSPのチェックリストもあるので気になる人はやってみてください。

ティー
ティー
↓HSPを提唱したアーロン博士のHPに飛ぶよ↓

Are You Highly Sensitive?

HSPと一緒に語られることが多い概念

偏にHSPと言っても、持って生まれた気質や資質は他にもたくさんありますし、経験や環境によって形成される性格もみんな違いますよね。

あわせて読みたい
資質は才能!ストレングスファインダーに自分のことを教えてもらった 突然ですが、あなたは自分の【才能】が何だか知っていますか? 【才能】というと、ごく一部の選ばれた人にしか授けられていないものに...

中でも、特にHSPの概念と一緒に語られることが多いと感じる概念が「HSS・非HSS」「内向型・外向型」の2つです。

どちらもHSPとは別物の概念ですが、簡単に言うと「刺激を求めるか否か」と「意識が中と外のどちらに向くか」という話です。

HSS(刺激を求める人)か非HSS(刺激を避ける人)か。
内向型(意識が自分の中に向く)か外向型(意識が自分の外に向く)か。

こうした気質や性質の特徴を掛け合わせると、同じHSPでも対照的に見えたりするので1つの指標のようになっている気がします。
綺麗に分けられるものでもないし、中間タイプという人もいるから、千差万別です。

なの
なの
ちなみにわたしはHSP・HSS・外向型の傾向が強いよ
ティー
ティー
「敏感だけど外に向かって刺激を求める人」ってことだね
なの
なの
HSPの中では少数派らしい

HSPと混同されやすい発達障害

HSPは気質ですが、ときに「発達障害」と混同されたり誤って認識されることがあります。

「感覚が過敏」というところが似ているため、わたしも最初、自分は発達障害なのかな?と思ってお医者さんに相談したことがあります。

しかし、HSPと発達障害の決定的な違いの一つとして「人の気持ち酌む、相手の気持ちを察する」ことへの得手不得手があると思っています。

HSPは人の気持ちに共感したり、教えられなくても状況を察して気づくことが多いです。気づきすぎるくらい敏感、なのがHSP。
一方で発達障害は、人の気持ちを想像すること・空気を読むことが苦手な人が多いようです。

色々な見解がありますが、わたしはここが、HSPと発達障害との決定的な違いなんじゃないかなと思います。

もちろんそれぞれで色々なタイプがあると思いますが「感覚が過敏」だからHSPなのかと言えば、そうとは言い切れないところでもありますね。逆も然り。

発達障害は治療という概念があるので、「どっちなのかわからない・・」という人は、一度専門家に相談してみるといいんじゃないかなと思います。

HSPは生きづらいのか?

敏感さは目に見えないため

・考えすぎ
・気にしすぎ
・すぐ傷つく
・弱い

・引っ込み思案

などと周囲に評価されたりすることで、「自分はダメなんだ」と劣等感を感じやすいことから、それが「生きづらさ」として悩みになることがあります。

でも、HSPじゃなくても「生きづらさ」を抱える人はいますよね。

もちろん、HSPは生きづらさを抱え【やすい】傾向にあるとは思いますが、抱えている「生きづらさ」は無くせたり、少なくとも軽くすることは出来るものです。

わたしは、生きづらい想いをしている(た)HSP同士で、自分らしく生きるための方法をシェアし合いながら、うまく気質と付き合っていけたらいいんじゃないかなと思っています。

なの
なの
自分だけじゃない、と思ってもらえたら嬉しいです

まとめ

・HSPは病気ではなく【気質】

ティー
ティー
敏感な気質というだけで、特別でもなんでもないよ

・HSPの特徴はとってもシンプル

なの
なの
DOES、これがHSPの概念

・HSPと発達障害は別のもの

ティー
ティー
混同されることもあるけど、別だよ

・HSPでも楽に生きられるよ!

なの
なの
生きづらさからは解放されることができる!

HSPではない人にも「へぇ〜そんな敏感な人もいるんだナ」と思ってもらえると、わたしたちはすごく楽になります。
ここまで読んでくれてありがとうございました・・(^-^)!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です