HSP記

否定的な言葉は怖い。ブログの更新ボタンが押せなかった。

なの
なの
こんばんは、なのです

完全に私事ですが・・最近ブログを書く手が止まってしまっていました。
・・いや、正確には「更新出来なかった」が近いですね。

自分の発信(にも当てはまること)を全否定している言葉を目にしてしまい、色々と立ち止まって考えていました。
もちろん「わたし」に向けての否定とは限らないけど、多くのHSPの人に当てはまりそうな内容でした。

なの
なの
それを目にして、同じように悲しい気持ちになった人もいるんじゃないかな

でも、改めて自分はどうしていきたいのかを考えるキッカケにもなりました。

否定的な発言を目にして思ったこと

わたしは個人的に「ディスカッション」が好きです。

https://twitter.com/nano_kcgs/status/1022090885020798976

今回、目にした意見に対して、わたしとは違う考え方の人なんだな・・と思いました。

ただ、わたしとその方が別の考え方であるという事実は受け止めているけれど、自分の意見と違うからといって、攻撃的に否定するやりかたに対しては同意出来ないなあと思いました。

世の中には本当に色んな人がいて、色んな表現の方法があります。
もちろん否定的な言葉を投げられることもありますよね。

そもそも、こうやって自分の考えをブログで発信していることに対して「痛いw」「何様w」と思う人だっていると思うし、発言に対しても「それは違うのでは?」と思われることもあると思っています。

なの
なの
どう思うかは、本当に個人の自由だとも思う

でも、それをあえて見える形で攻撃するやり方はわたしは好きではないし、そうした場所や人からは距離を置いて生きていきたいな、と思っています。

伝え方は本当に大切にしたいと思った

自分とは違う意見を目にして、それに対して思うことがあったとき、あくまでもディスカッションの気持ちが伝わるような表現を大切にしたいと思っています。

それは、自分の意見に自信がないからではなくて、自分の意見は自分の中での正解なので、それが他の人にも当てはまることだとは微塵も思っていないから。

なの
なの
感情や考え方に対してなら、尚更そう思う

強い言葉は、良くも悪くも人に刺さりますよね。
でも、強い言葉と圧は別だと思うんです。

ただただ「それは違う」「おかしい」と圧をかけて全否定しても、萎縮させるか敵を作ってしまうだけなんじゃないかなと思っています。

現に攻撃的な言葉を投げられたり圧を感じたとき、わたしは防御モードか戦闘モードに入ってしまいます。

人間には相性があるので、どうやっても上手くいかない相手も存在するとは思いますが、それでも良好な人間関係やコミュニケーションは「伝え方」ひとつで大きく変わるものだと身をもって感じています。

ティー
ティー
人間関係築くの、絶望的に下手だったもんね
なの
なの
くっ・・!何も言えない・・・!!

わたしは今回色々考えたことで、人の気持ちに寄り添っていたいし、否定ではなく疑問を持ってディスカッションしたり提案したりして、ブログを続けていこうと改めて思いました。

そして、モヤモヤを感じたときは、自分をより深く知るチャンスでもあるなと学びました。

なの
なの
表現方法はそれぞれ自由でいいと思うけど、やっぱり自分は画面の向こうにいる人へのリスペクトの気持ちは忘れずにいたいと思った

いつも読んで頂いている方へ

このブログは雑記ブログとして運営していますが、それでもHSPに関してのネタが多いです。
読んでくださっている方には、HSPについて興味のある方がほとんどだと思っています。

わたしなりに伝えたいこと、いちHSPとして感じることをブログに残しています。

全ての方に当てはまることではないと思うし、全ての方が納得する正解なんて無いと思っていますが、わたしは人の気持ちに寄り添いながら発信することを大切にしていきたい。

なの
なの
自分の気持ちを大切にしたいから、他の人の気持ちも尊重していたいという気持ち

仮にそれが理論上正しかったとしても、バッサリ否定されたら誰でも悲しいじゃないですか。。
「そのままだともっと辛くなるんじゃないかな?」と提案することはあっても、切り捨てる表現はしたくないなと思っています。

「〜と思う」「わたしは〜」という表現が多いと、発信として弱い印象を与えてしまうかもしれませんが、それぞれが前を向いて、それぞれの正解を見つけるお手伝いが出来たら、本当に嬉しく思います。

このブログにたどり着いてくれて、読んでくれて本当に、本当にありがとうございます。

なの
なの
とても励みになっています

わたしもまだまだ未熟な人間なのでたくさん失敗もするし、好き嫌いもあります。
許せない人もいるし、許せないことも沢山あります。

全く出来た人間ではないけど、「生きづらい」「辛い」と思ってしまっているHSPの人の心が少しでも楽になったり、前を向く1つのキッカケにしてもらえたらと思いながら、亀の歩みで一歩一歩進んでいこうと思います。

ティー
ティー
相変わらず長いな・・!
なの
なの
長いのに最後まで読んでくれたみなさま・・ありがとうございます(土下座
ティー
ティー
また遊びにきてね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です