HSP記

配慮の強制は、もはやハラスメントだと思う

なの
なの
こんばんは、なのです

先日、電車で座っていた男性(20代くらい?)の前に立っていた年配の男性が「若いんだから席譲れよ」という言葉をぶつけているのを目にしました。

また、別の場所で「私はこういう性格だから配慮してね」と周囲に念を押している方にも出会いました。

もちろん元気であれば席を譲ることもできますし、周囲に知っておいてほしい自分の性質を伝えることは大切だと思います。
ただ、その「配慮」を強要するのは少し違うんじゃないかな・・と思いました。

配慮は他者に強要するものではなく、受け手が判断し行動するものではないかなと思った、そんな話です。

「配慮しろ!」はハラスメント

「自分は〇〇なんだから気を遣ってよ」
「〇〇な人を放っておくなんておかしいよ」

こういう言葉を耳にするたび、わたしはいつもモヤッと違和感を感じます。
【配慮】って人に強要されるものではないと思うんです。

誰もがいつでも相手のことを思いやることが出来ればいいけど、人間余裕のないこともあれば、みんなそれぞれの事情を抱えて生きています。

もちろん個々を尊重する上で、どんな相手にも配慮は必要だと思います。
ただ、配慮するかしないかはその人の自由でもあるんじゃないかなとも思うのです。

前述した電車で席に座っていた男性も、もしかしたら体調が悪かったかもしれない。
「配慮してね」と念を押すことで「配慮しないのは悪」と周りにとって圧になることもありますよね・・。

捻くれた考え方かもしれませんが、配慮を強要することはハラスメントになるなと思ってしまいました。

弱者であることを盾にするのはダサい

「自分は〇〇だからこんなに辛い」
わたし自身も、HSPだから、とこうした思いを持っていたこともあります。

当事者でなければわからない辛さやしんどさもあると思います。
言わずとも周囲が察してくれたら・・と思う気持ちもすごくよくわかります。

でも、配慮を強要するということは「自分はあなたより弱いから守られるべき」という気持ちがあるからだと思うのです。

こうしたことを書くと「優しくないね」「自分中心で考えるんだね」などと思われそうで怖いですが、弱さを盾にして自分を守ろうとする行為は、ものすごくダサいと感じるのです。

相手をコントロールしようとするのではなく、必要なことを伝えて、その上で相手のことも尊重することが、双方で築く優しいコミュニケーションだと思っています。。

相手を尊重するから尊重される

「尊重されなかった」という過去を持っているからこそ「さみしい」「わかってほしい」という気持ちが【配慮してハラスメント】に繋がることもあると思います。

でも「配慮してくれない」のは「知らなかった」からかもしれないし、「配慮するまでの心の余裕がなかった」という人それぞれの背景があるんですよね。

とはいえ、だから我慢だけしろということではありません。
むしろ我慢をする必要なんてありません。

相手を尊重した上で、伝えたいことを伝えればいいと思うんです。
感情や要望だけをぶつけるのは本当にハラスメントでしかないと思います。

電車で見かけた年配の男性も、配慮してと自分を押していた方も、自分だけの事情を通すより、もっと違う伝え方があったんじゃないかな・・と感じました。
電車での件は特に、座っていた男性は嫌な気持ちになったと思います。無言で譲っていましたが・・。

「配慮して」「気を遣って」ではなく、どうして欲しいのかを的確に伝えれば、周囲も嫌な気持ちにならないだろうし、相手を尊重出来るこそ尊重されるのではないかなと思います。

なんだか取り留めのない話ですが・・弱者の立場を利用した【配慮してハラスメント】に対して、わたしが思ったことを書きました。

なの
なの
みなさんはどう思いますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です