HSP記

派閥論争に巻き込まれまくる人生ですが、私は元気です

なの
なの
こんばんは、なのです

人間関係のトラブルって色々ありますが、わたしは派閥論争に巻き込まれがちな人生でした。

何かしらのコミュニティに属するとき、わたしは基本的に1人で行動するんですよね。
もちろん気が合う人たちとは一緒に飲みにも行くし、遊びに行ったりもします。

でも、「いつも一緒にいるグループ」にはどこにも所属していません。

グループ内の暗黙の了解や同調圧力に縛られるのが嫌だから無所属を心がけているんですが、昔から派閥論争に巻き込まれることが多いんですよね・・。

なの
なの
嫌だ嫌だと思っているから引き寄せてしまうのかな

今でこそ「人付き合いうまいね」と言ってもらえることも増えましたが、昔はそれはもうひどく・・・数々の失敗を繰り返してきました。

でも失敗のおかげで(?)今では巻き込まれても、関係が拗れたり消耗しすぎることも無くなりました。

わたしが派閥論争に巻き込まれないために、または巻き込まれたときの対処法や大切にしている心がけがあります。
同じように困っている人に参考にしてもらえたら嬉しいです。

なの
なの
あ、執着もされがち・・

あわせて読みたい
【HSP】執着されやすい人のためのロックオン回避講座【境界線】 執着 ・・・それはわたしが最も恐れを抱く行動です。 わたしは何故か(特に同性の友人に)執着される経験が多い人生で...
あわせて読みたい
【HSP】ロックオン回避講座・アゲイン【執着】 執着記事、はてな時代から結構読んでいただいているようなのでリライトしました。 https://nanolooog.com/...

「ひとり対ひとり」で相手と接する

f:id:nanoooo:20180527212358j:plain

人付き合いって、基本的にひとり対ひとりで成立するものだと考えています。

それぞれの後ろ盾である「グループ」「派閥」って、ただの背景でしかないと思うんです。

もちろん類は友を呼ぶと思うので、グループに属していると似たような価値観だったり想いを持っていることが多いのも事実です。

でも、人の本質なんてどのグループに属しているかで計れるものじゃないと思うんですよね。

例えば、めちゃくちゃ自己中なリーダーのグループに属しているAさんがいるとして、Aさんもリーダーと同じように自己中なんでしょうか。・・そうかもしれないし、違うかもしれない・・それはわからないですよね。

グループ関係を大切にするあまり、スパイのような行動をとる人も中にはいますが、わたしはいつだって人と関わるときは「ひとり対ひとり」だと思って人間関係を築いています。

だから、苦手な人とは最小限の付き合いにして、好きな人とはグループとか関係なく付き合います。

そもそも何派でもない

f:id:nanoooo:20180527213043j:plain

派閥論争とはちょっと違いますが、「犬と暮らしている」と言うと「犬派なんだ〜、私は絶対猫派〜」とか言って謎の「猫の魅力の押し売り」をしてくる人がいます。

そもそも私は犬派でも無いし、猫派でもありません・・。

犬もめちゃくちゃ可愛いし、猫も最高に可愛いよねって思っています。

なの
なの
強いて言うなら動物派ですかね

犬派猫派なんてのは可愛い話ですが、人間関係の派閥論争に於いて、100%どっちかだけが正しいことって無いんじゃないかと思ってます。

あわせて読みたい
みんな違う「正しさ」を持っているこんばんは、なのです。 正しさってなんだろう・・と最近よく考えます。 みんなそれぞれ「正しい」と思っているからこそ議論は生ま...

対立したり歪み合うことがある時、それぞれに言い分があると思うんですよね。

これは傍観者目線だからということではなくて、自分と意見が真逆な人や、わたしと過去にぶつかったことがある人たちに対しても同じ気持ちを持っています。

「グループ」「派閥」に属することに重きを置いている人は、無所属人間でそれなりに関わりのある人も引き込もうとしてきます。

なの
なの
仲間を増やしたいんですよね
ティー
ティー
自分と仲の良い人が、自分の嫌いな人と仲良くしてるのも良い気がしないのかもね
なの
なの
その心理もめちゃくちゃわかるけど、でもそれってただの独占欲だよね

当事者でない限り、どっちの言い分もわかるという気持ちだったり、争っていること自体に疑問がある時などは、わたしはそもそも何派でもないんです。

なの
なの
無理矢理どちらかに所属しなきゃいけないなんて、シンプルに違和感

誰に対しても絶対嘘はつかない

f:id:nanoooo:20180527213252j:plain

無所属人間として生活していると、平和主義と思われたり、面倒な事には首を突っ込まないタイプと思われることもありますが、わたしはそんなに出来た人間ではありません・・。

平和主義でもないし、面倒なことでも自分が納得出来ないことはめちゃめちゃ拘ります。

ティー
ティー
めんどくさいタイプだね
なの
なの
はっきり言うね

ただ、「グループ」「派閥」という塊で争うことがすごい嫌なんです。

個々では仲良く出来る人とも、その後ろ盾が違うだけで警戒されたり嫌われたりするのって悲しくないですか・・?

だから、どのグループだろうと、どの人にも嘘を付かないで付き合うことを心がけています。

なの
なの
共感すれば同意するし、違う意見には同意しないというスタンス

どこにでも良い顔をするのって逆に相手に失礼だと思うし、それで不本意な意見にも「YES」を言わなきゃいけない状況になるのは自分に嘘をつくことになるから、他人にも自分にも嘘はつきたくないなと思っています。

根掘り葉掘り状況を聞き出すこともしないし、トラブルの話に自分で首を突っ込むこともしません。
もちろん「◯◯さんがこう言ってたよ」とか関係を悪くさせるようなことを告げ口したり、「言わないでね」と言われたことを相手側に話したりも絶対にしないと決めています。

「無所属な自分」が嫌われるならそれは仕方ない

f:id:nanoooo:20180527214244j:plain

派閥論争に巻き込まれてどっちに付くの?!」と追い込まれることがある度、いつも「無所属なんで・・」ということはきちんと伝えます。

突っぱねたり拒否をするわけではありませんが、自分の気持ちは誠意を持って伝えます。

ティー
ティー
嫌われるかも・・とかは不安にならないの?
なの
なの
それで嫌われたり、仲間にならないなら敵と認識されるならもうそれは仕方ないと思う

もちろん出来れば嫌われたくないし敵も作りたくありません・・だけど、相手がどう判断するかまでは、わたしがコントロールできる範疇ではないと思っています。

嫌われたり、離れていかれたりすることもあるかもしれませんが、それは相手が決めること。

でも、誠意を持って「争いには参加しない」と自分の意思を伝えたり、相手のことを尊重する気持ちが伝われば、受け入れてもらえることが圧倒的に多いと感じます。

なの
なの
争ってる当事者も「大人げなかったな」とどこかで思いながらやっているんじゃないかなと思う

わたしは伝え方が絶望的に下手だったので、昔からこうした派閥論争に巻き込まれたり、同調圧力を感じるたびに、嫌悪感から拒絶したり批判的になることがありました。
その結果、敵意を向けられたり反感を買ったりと相当失敗しました・・。

二度と会わない間柄なら逃げるのもアリですが、今後も付き合っていく間柄なら逃げるだけでは解決出来ないこともあると思います。

なの
なの
相手に飲まれたり過剰反応するのではなく、自分の気持ちを伝えることが大切だなと思ってる

これを徹底的に意識するようにしてから「この子は無所属ね」「敵ではない」と認識してもらえるようになりました。

ただ、こういう自分を良く思わない人も存在するので、たまにハメられることもありますが「嘘ついてないから何にもやましくない」と思えるのでそこはもう割り切っています・・。

なの
なの
そういう悪意、凹むけど最終的に超腹立たしい・・!
ティー
ティー
めちゃくちゃ根に持ってますやん・・

争っている当事者じゃなくても、わたしのような巻き込まれ体質な人っていると思います。

なの
なの
自ら参戦するならともかく、巻き込まれて良かったことなんて1ミリもないよ・・!

だからわたしは双方に嫌われるリスクがあっても、無所属を貫いています。

結論

・人付き合いはひとり対ひとりで成立する
・誠意を持って対応するのめちゃくちゃ大事
・同調ではなく、尊重を
・無所属を選ぶからには嫌われる覚悟も必要

なの
なの
何か1つでも参考にしてもらえるものがあったら嬉しいです

巻き込まれ現場からは以上です・・!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です