HSP記

HSPの概念に縛られすぎると苦しくなっちゃうよね

なの
なの
こんばんは、なのです

わたしは、いちHSPとして感じたことを発信しているわけですが、だからと言って何でもかんでも「HSPだから」って思ってるわけではありません。

HSPなんだけど、「HSP」という概念に囚われたくないと思っています。

なの
なの
HSPでもみんな違うし、HSPは私の一部でしかない

HSPに拘って発信しているわけではない

HSPの4大特性って、これもまた抽象的ですよね。

https://nanolooog.com/2018-02-17-125406

ただ、敏感なことや深く考えてることも、何に対して敏感なのか、どういう風に考えるかは人それぞれ。
良心的であろうとするために、その方向性が似ていることも沢山あると思いますが、みんな一緒なわけがありません。

HSPだから優しい
HSPだから考えられる
というのは、偏見かな、と。

なの
なの
もちろん、そういう傾向もあるけどね

非HSPであっても優しい人は優しい
非HSPでも深く考える人はいる

HSPかどうかだけで人のことは図れないと思うんです。
あまのじゃく的な発想ですが、HSPでも優しくない人や自分のことしか考えない人はいると思っています。

「HSPだから」で納得しても言い訳にはしたくない

HSPだから出来ない
HSPだから無理
HSPだから・・云々かんぬん

こうしたネガティブな話で「HSPであること」を盾にしたくない、と思っています。
これはもうただのわたしの考え方の話なので、こうするべきということではないんですが、わたしはHSPを言い訳にしたくないなと思うんです。

HSPだからこうなのか・・!と納得・安心したこともたくさんあります。
「異常」ではなかったんだな、と。

ただ、HSPであるかどうかではなくて、自分自身で納得して「やる」「やらない」を決めていきたいので、言い訳の材料としては使いたくないんですよね。
HSPは単なる気質なので、ネガティブなものとして捉えていたくないと考えています。

なの
なの
HSPは弱いって思われるの、癪じゃないですか・・
ティー
ティー
弱さとはまた別の話だからね

「外向型・HSS」「HSP」という相反する気質

わたしはHSPであるとともに、内向型・外向型では外向型にあてはまり、非HSS・HSSでは刺激を求めるHSSです。

なの
なの
刺激を求めて飛び出していく割にめちゃくちゃ敏感
ティー
ティー
気質からしてあまのじゃく

HSPであることはわかったけど、わたしはそんなに大人しくないし(大人しく見られがちだけど)、言いたいことをいつも飲み込んでしまうタイプでもない・・と疑問に思っていて色々調べて、HSS・外向型であることを知りました。

もちろん、元々の気質も関係しているとは思いますが、育った環境やこれまでの経験で考え方や性格は作られるし、そうなってくるともはやHSPであることなんて自分の中のごく一部なのでは??と思うんですよね。

ただ、HSPの人同士じゃなきゃ共感してもらいづらい深い部分の感情や感じ方ってあるんです。
わたしは、そういう部分を大事にしたいと思っています。

とはいえ、HSPを言い訳にしてもいい

ティー
ティー
え?言い訳にしたくないんじゃ???
なの
なの
矛盾してるようだけど、ちょっと聞いて欲しい

HSPだからこうだ・・って、落ち込むことってありませんか?
本当は落ち込む必要ってないんですよ。
でも、落ち込むこともありません???

・なんでみんなみたいに出来ないんだろう
・なんで自分はこうなんだろう
・もっと強くならなきゃ
・自分に疲れる

そういう時「HSPなんだもん」と言い訳にしたくなるときもありますよね。
わたしは、それはそれでも良いと思います。

自分が「そうしたくない」と決めただけで、誰かがそう考えていても、そういうときってあるよネと思います。

なの
なの
わたしもめちゃくちゃHSPのせいにしてた

でも、それだけになってしまうと「HSPだから」の言い訳を作る図式が出来上がってしまいます。

それは本当にもったいないことです。。

何かのせいにしたくなる時もあるしそういうときがあってもいい。
でも、言い訳にしないで生きてる人もいるよ〜
言い訳にしなくなるともっと楽になる(かも)よ〜
ということを発信していきたいな、と。

長所と短所は紙一重だし、HSPも同じ

敏感であることをどう捉えるかは人によりますし、それが仇となることもあれば、自分を守ってくれることもありますよね。

疲れやすいのは情報を多く吸収できるからだし、動揺しやすいのは感受性が豊かだから。
・・というように、生きづらい面だけってことは無いんです。

それに、HSPに限らずその人そのものの資質というものもあるわけで。

https://nanolooog.com/2018-04-21-211748

HSPを「自分の気質」としてうまく付き合っていくために、1人ひとりが自分にとってベストな方法を見つけていく必要があると思います。

考え方や価値観の違いを否定するのは簡単だけど、それじゃ「HSP」という枠が出来てしまって、かえって窮屈なんじゃないかなと思います。

なの
なの
HSPを知って楽になったことは確かだけど、カテゴライズされたいわけじゃないんだよな・・

自分の中にあるHSPという気質を理解出来るのは自分しかいないから、わたしは誰かのそのお手伝いが出来たら嬉しいな、と思っています。

なの
なの
そしてわたしも色んな人からヒントをもらって生きていきたい
ティー
ティー
概念に囚われず、みんなそれぞれの正解を見つけられたらいいよね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です