不登校だった人の話

「大人は大変」はマジで大嘘だから安心して大人になっていい

なの
なの
こんばんは、なのです

学校が大嫌いだった中学時代、わたしは学校に行かないことを選びました。

https://nanolooog.com/2018-05-07-162646

その時に親にめちゃくちゃ言われまくったのが
「今のうちからそんな弱くてどうするの」
「大人になってからなんてもっと大変なんだから」
「強くなりなさい」
ということ。

実際に大人になってみてハッキリ思います。

なの
なの
これは大嘘だから信じなくていい!!!!!

なの
なの
大人は超楽しいよ!!!!!

どの時代が辛いかなんて人によるので自分で判断して良し

f:id:nanoooo:20180519170921j:plain

わたしは中学校が大嫌いでした。

なの
なの
小学校もそんなに好きじゃなかったな・・

でもわたしは、わかりやすく苛められていたわけでも、勉強が嫌いだったわけでもありません。

居心地の悪い場所ではありましたが、一番は「なぜ嫌な思いをしてまで行かなければならないのか?」が納得出来なかったからです。

私にとっての中学校とは、自分の意思とは無関係に通わされていた場所。
もちろん学校では一般常識や人間関係、学校生活を通して沢山のことを学ぶ場所でもありますし、実際に今、義務教育を受けていた恩恵も感じています。

学校を全否定するつもりもありませんし、国で定めた義務ということも理解はしています。

なの
なの
楽しかった思い出もたくさんあるしね

だけど、わたしが30年生きてきた中で思う一番辛かった時代は、紛れもなく中学時代でした。

なの
なの
親に「大人になったらもっと大変」って言われまくったけど、大人めちゃめちゃ楽しいやないかーーーい!って思ってる
ティー
ティー
ルネッサーーーンス

子供も大人も生きるのって大変だよね

f:id:nanoooo:20180519171637j:plain

大人の方が大変って、正直大人になった今でも、わたしには意味がわからないです。
子供も大人も、学生も社会人も、めちゃくちゃ大変じゃないですか??

学校は楽で仕事は大変・・??
それってすごく人によると思うんですよね。

学校が楽しい人もいれば苦痛に感じる人もいる。
仕事は大変だ、嫌だと思う人もいれば、楽しんで仕事をしている人もいますよね。

モデルケースなんていくらでもあるし、それは本人が判断することで、大人が子供に【嫌な未来】を刷り込む必要はないと思います。
「大人になったらもっと大変なんだ・・」と思い込んでしまったら、この先の人生絶望
じゃないですかね。。

なの
なの
わたしは当時、「大人の方が大変」説は信じられなかったし、そうなりたくもなかった

大変さの種類は変わっていくかもしれないけど、大人だって人間関係でめちゃくちゃ悩むし、「いじめをしてはいけない」とか言う大人の世界にも、いじめ・セクハラ・パワハラは蔓延してます。

人間の本質って、そこまで変わらないんだなと思います。

わたしは狭い世界で生きるのは全然楽じゃなかった

f:id:nanoooo:20180519171240j:plain

社会的責任の有無という観点では、確かに守ってもらえる未成年・学生は「楽」なのかもしれません。
だけど、学校生活は全然楽じゃなかったです。
高校以降の学校生活は思い返しても楽しかった記憶の方が勝つけど、それでも楽では無かったです。

学校ってすごくすごく狭い世界なんです。

なの
なの
だから学校で上手くいかなくても、あなたを受け入れてくれる場所なんて、この世の中に星の数ほどあるということを知っていて欲しい

逃げればいいという話ではありませんが、【逃げ場が無い】はただただ人を追いつめるだけだと思うんですよね。

上手くいかなかったことも経験になるし、反省することがあれば次に活かせばいいし、上手くいかなかったからこそ「当たり前」に感謝できるとわたしは思います。

なの
なの
狭い世界で生きることは楽じゃないよね

大人も最高に楽しいと思う!

f:id:nanoooo:20180519170301j:plain

わたしは大人になってからの方が、最高に楽しいです。

なの
なの
まあ、中学時代が1ミリも楽しくなかったからなんだけど・・

もちろん社会に出てから、色んなことがありました。
楽ではないけど、でもそれは大人でも学生でも同じことですよね。

わたしは不登校時代、「大人になるって楽しいぞ!」と言ってくれる大人がいませんでした。

当時は「絶対にあの学校には行かない」という意思を通したものの、罪悪感もすごくありました。
ただでさえ辛く不安な時、本当に周りの大人がしてあげるべきことって、「大丈夫だよ」と安心させてあげることなんじゃないかなと思います。

もちろん、親御さんは不安ですよね。心配するからこそ「学校に行きなさい」と言ってしまう。

なの
なの
それは子供もちゃんとわかっています

わたしは、今不登校で悩んでいる人にとにかく伝えたいのは

なの
なの
大人になるのは楽しいよ、これから生きるのはもっと楽しくなるよ

ということ。

でも、わたしは大人の方が楽しいよと言うつもりはありません。
若いときにしかない楽しさもあるし、それは苦しさも同じです。

ただ、他人のモノサシを自分の人生に当てはめる必要は全くないと思います。

これは結果論だし、わたし自身がそう思いたいからからもしれませんが、不登校だった時代には、不登校だったからこそ得られたものも沢山ありました。

不登校を勧めるつもりは毛頭ありませんが、私はあの時、「意地でも学校に行かない」意思を通して良かったと思っています。

なの
なの
他人が何を言おうと、自分がこう思えるように生きればいい、ただそれだけのことだと思う

今が不安で仕方なくても、漠然とした「社会に出てからの方が大変」という偏った価値観には惑わされないで欲しいなと強く思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です