家族の話

HSPは自分だけ。わたしの家族と、その関係。

なの
なの
こんばんは、なのです

HSPのみなさん、家族関係ってどうです(でした)か?

わたしは、自分以外は非HSPという環境で育ちました。
※両親・兄の4人家族

結論から言えば、あの中で生きるのは本当に辛かったです。
いつも家には居場所がありませんでした。

もちろん、目に見える虐待をされていたわけでもありませんし、うちの親は俗に言う「毒親」でもありません。

でも、自分の敏感さや深く考えることをめちゃくちゃ否定され続けてきたので、自己肯定感は育まれず、コンプレックスの数がえぐい人間になりました。

あわせて読みたい
【HSP】親の呪縛を解くのは自分しかいない【HSC】こんばんは、なのです。 いきなりダークなタイトルですが、私は小さい頃から親や兄弟から揶揄われてきた事の一つ一つをすごく覚えていて、...

すべて家族のせい、とは言いません。
でも、あまりに相性が悪かったのは事実だと思います。
「なんで?」という疑問や傷ついた気持ちは、大人になったからと言って消滅するものでもありません。

なの
なの
今回の記事、めちゃくちゃ暗いし長いです・・

敏感さを疎ましく思われていた

HSPとか非HSPとかはもう関係ない域で、相性が絶望的に悪かった。
それはお互い様だと思っています。

非HSPであってもHSPであっても、個人の価値観として「他者を受け止める」概念が薄い人はいます。

家族の全部が「思いやりがない」とは思っていません。
ただ、無自覚に他者との違いを認めないタイプだなとは感じます。

例えば、わたしは子供の頃からタバコの臭いがすごく苦手でした。
父はヘビースモーカーだったので、当然父の車にはタバコの臭いが染み付いており、父の車で外出するときはいつも車酔いしていました。

出かけるのは嬉しかったけど、「臭い」「具合悪い」と言うわたしに「わがままなんだから」「そんなの言うのはあんただけ」と言わんばかりの態度の家族。

なの
なの
今思い返してもあの対応は酷いと思う
あわせて読みたい
タバコでアレルギー症状?それは化学物質過敏症という病気かも。 わたしは、タバコが本当に本当に苦手です・・。 ・・・すみません、オブラートに包みすぎました。 においで体調が悪く...

こうした疾病概念だとは知らなかったとはいえ、猫アレルギーの人を猫カフェに放り込むようなものだし、花粉症の人を花粉まみれの森に連れて行くようなもの。

体調を悪くしたわたしに「わがままだ」「台無しだ」という言葉をぶつける家族って、なんか・・・今思い出しても涙が出てきます。

母も兄も喫煙者ではありませんが、そこまで気にならないようで「このくらいでわがままだな」という認識のようでした。。

これは単なる一例ですが、事あるごとに「考えすぎ」「細かい」「いちいちうるさい」などと散々言われてきました。

もちろんわがままな面もあったとは思います。
が、全てがそうではないし、自分なりの理由はいつもあったんです。

でも、話しても聞いてもらえなかったし、泣いてしまえば「また・・呆」と放置されるのがお決まりのパターンでした。

母と兄には、とにかく疎ましがられていました。
そもそも「敏感」ということも見ようとしなかったので「わがまま」「異常」と思われていましたね。。
※父は無関心で介入しないタイプでした。

なの
なの
母には「お兄ちゃんには通用するのになんでこの子はこうなんだろう」って言われてた

孤独だったけど、愛されたくて必死だった

納得できないことがあるたび「なんで?」と訊くわたしは、親はイライラしていました。

子供なのに大人びた発言をしたり、本質を突いたりして、親もそれに対して上手く説明が出来ないことが多かったので、そうした発言をするわたしに腹が立っていたようです。

なの
なの
頑固だったし、口が達者だったんだと思う

一方、母と兄はすごく性格も感じ方も似ていて、仮に納得していなくても「わかった」と言う兄を母は「素直な子」とよく褒めていました。
「あんたはお兄ちゃんと違って頑固だ」とよく言われていました。

なの
なの
まあ、頑固なのは認める

あと、これは母も兄も同じなんですが「格下」と位置づけた「子供」「妹」という存在に対しては
「自分の方が正しいから従うべき」
「上というプライドがあるから非があっても認めない」
という価値観を持っています。

相手が年下だろうと年上だろうと、「その通り」だと思うことを言われたら「そうか」となるわたしと真逆なので、母と兄からしたら「格下」の私を認めないのは自然なことだったのかもしれませんね。

母は「愛情」のつもりでよく見た目をからかってきたのですが、兄もそれに加担して、2対1でよくバカにされてました。

もちろん私もやられっぱなしの大人しいタイプではありません。
兄にも同じように言い返しますが、それでケンカになると母には「妹に言われるとカチンと来るんじゃない?」と言われて終了。

なの
なの
母は完全に無自覚だけど、似ていて扱いやすい兄の方が可愛かったんだろうなと思う

「それっておかしくない?たった2つしか変わらないのに妹ってだけで人権ないの?」って思ってたし言ったけど、聞き入れてもらえるはずもなく。

今は諦めているので「まあ似てる方が気も合うし扱いやすいしそっちの方が可愛いのが露骨に出たんだろうな」と思っていますが、当時はすごく悲しかったし「理不尽すぎる!」と腹も立ててました。

気づけば母・兄VS私という構図で色々言われ、自室にこもるとリビングで私の悪口を言っている声が聞こえたり(声が大きいのでめちゃくちゃ聞こえる。笑)、今考えてもめちゃくちゃ【敵】でしたね。

母にはもちろん認めてもらいたかったし愛情が欲しくて散々わめきました。
兄のこともすごく大好きで「仲良くしたい」とすごくすごく思っていたんですよね。

小2の頃、お兄ちゃんに気に入られたい一心で、家族を題材にした「やさしいお兄ちゃん」という作文を書いて入賞したことがあります。
でも、家族的には全然無関心で。兄もノーリアクション。

なの
なの
そのときの悲しかった気持ち、今でもすごい覚えてる

学校での出来事や、聞いて欲しい子供のどうでもいい話も聞いてもらえなかったので(無意識らしいけど無視されたりする)・・そもそも家に居場所を感じたことはありませんでした。
会話も無かったし、そもそも聞いてくれないと思っているので小3あたりから話すこともやめました。

家族団らんとかが本当に羨ましくて「お母さんに愚痴ったらさ〜」という友達の話を聞くたび、「お母さんって話聞いてくれるんだ・・!?」とびっくりしたり切なくなったりしていました。

だからいつもひとりぼっちの感覚で、飼っていた動物たちと過ごせることだけが、自分がこの家にいるたった一つの理由でした。

なの
なの
動物たちに物凄く気持ちを救われてきたので「飼いたい」と言う望みを叶えてくれたことはすごく感謝してる

「家族なんだから」という都合の良い言葉に翻弄されてしまった

長く一緒に暮らしていたので、母親とは10年以上衝突を繰り返していました。
でもそれは、心の奥に「わかって欲しい」という強い気持ちがあったからです。

たくさん傷ついたけどどうしても諦められず、伝え方を変え、話し方を変え、どうしたら相手に伝わるのか試行錯誤を繰り返してきましたが、やっぱり「理解したい」という気持ちが無い人には、どうアプローチしても響かないんです。

ただ、母に関しては「全く人の話を聞かなかったレベル」が「冷静にわかりやすく伝えれば聞いてくれるレベル」まで変わってくれました。

でも、元々の感じ方が違いすぎるのでやっぱり時間が経つと忘れてしまうようで。

「お母さんこの行動はトラウマで、記憶がフラッシュバックするからお願いだからやらないで」と泣きながらお願いしたことも、また時間が経てば自分のことだけ考えてあっさりその行動を起こすんです。
※自分の感情がとにかく先行するそうです

本当に大切に思っている相手なら、トラウマの引き金を簡単に忘れるとか繰り返すとか出来ないと思うし、わたしには理解出来ない感覚なのですが、母にとってはそれが【普通のこと】なんでしょうね。

「あんたみたいに先々相手のことを考えてられない」
「忘れちゃうんだから仕方ないでしょ!」
「じゃあどうすればよかったの!」と逆ギレはいつものことで。

愛されているなら、話を聞くし尊重するし歩み寄って当然・・という感覚しか持っていないので「やっぱり愛されてないんだな」という再確認を繰り返していました・・。

繰り返すたび、消耗の度合いもひどくなり体調を崩すようになってしまったので、次第に信じることも出来なくなっていましたが、いつも最後には「わかってあげられなくてごめんね」「ちゃんと話を聞くようにするね」「信じて、家族なんだから」と優しい言葉をかけられ、まんまとそれに縋ってしまう弱い私。

なの
なの
無限ループでした

もちろん家族だからこそ理解しようとしてくれる人は大勢いますよね。
でも、そうでない人もいる。

「自分は家族に理解されない」という現実を受け入れるのに、わたしはめちゃくちゃ時間が掛かったし、家族問題に対して費やす時間も相当なものでした・・。

なの
なの
そんな簡単に割り切れなかった・・

家族だから仲良くしなきゃいけないという強迫観念を捨てた

家族というと、温かいものというイメージがあります。
自分がそこにいていい、安心できる、力になりたい、とか、とにかく自分が帰れる場所。

ですが、わたしは自分の家族にこうした気持ちを持ったことがありません。

なの
なの
ここにいてはいけない、自分でいてはいけない、って思ってた

大好きだったおばあちゃんが亡くなる数日前、病室で「なのちゃん、兄弟仲良くね。たった一人の兄弟なんだからね」と、言い聞かせられたのをキッカケに、理解されずぶつかりがちだった家族に対して「もっと私が歩み寄らなくてはいけない」と決意したんです。

否定されても「もっと言い方を変えれば良いのかも」「相手は何が気に入らなかったのか」と色んな方面からアプローチしてみたりしました。

・まず相手のことを聞いて受け止める
・感情的にならない
・わかりやすく伝える

でも、これらも全く響かなかったんですよね・・。
というか、母と兄にとっては、わたしが「相手が話を聞く姿勢かどうか」は全く問題じゃなかったんです。

なの
なの
思いやりとか、尊重とかに重きを置いていなかった

聞いていようと聞いていなかろうと「自分はこうだ!」「自分は正しい!」と主張するだけなんです。いつでも。

1人暮らしをして物理的な距離が離れても、母は週1くらいで連絡をしてきていましたし、定期的に遊びに来ていました。

なの
なの
過保護というほどではありませんが、心配してくれていたんだと思う

ほどよく距離があれば上手くやっていけるかなと思っていましたが、衝突する回数が減っただけで、関わるとまたトラウマがフラッシュバックしたり体調を崩したり。

兄に対しても同様です。
ガンガンひどい言葉を投げられて追い詰められすぎて働けなくなってしまい、「関わるの、限界かも」とぼんやり思っていました。

きちんとした「話し合い」をするためにめちゃくちゃ勉強した心理学も・・・家族の前では無意味でした。

「家族だから」仲良くしなきゃいけない
「家族だから」否定されても仕方ない

・・もう限界。そんなのおかしいし、家族だからこそ許せないこともあります。

ずっとずっと「家族だから仲良くしなきゃ」という強迫観念を持っていましたが、何度も追いつめられたり、突き放す言葉を投げられたりして、どんどん自分が壊れていくのが怖かった。

だから、その強迫観念を捨てることにしたんです。

わかってくれる人は他人でも山ほどいる。
もしかしたら私は相手を間違えているんじゃないか?と。

なの
なの
話し合いが出来ない相手に何をやっているんだ、わたしは・・

どんだけ家族に無視されても、自分の気持ちは無視しないでね

「家族は仲良くしなくてはいけない」という気持ちと現実とのギャップに、ずっと苦しい思いを抱えていました。

安心できるはずの家族に否定されるのは物凄く辛いことです。
人のせいにするなと言われても、どうしてもトラウマや心の傷は残ってしまうもの。

もし、家族の中でも「自分ひとり何かが違う」と違和感・孤独感を感じて辛い人がいるなら、どうか「自分がおかしい」と自分を責めたりしないでくださいね。

自分自身の感覚や感情を大事にしてください。

家族とはいえ、別の人間です。
理解できないこともあるのは当たり前なことでもあります。

ただ、理解出来なくても「話を聞く」「感情に寄り添う」ことは、愛情があれば誰にだって出来るんじゃないか・・わたしは未だにそう思います。

自分の家族がそうした「気持ち」の部分に重きを置いていなかったこと、わたしとは全く違う価値観を持っていたことは、残念なことでもあるけど仕方のないことでもあります。

わたしも、もちろん「愛されてない」ことは無かったはずです。
でも、「愛されていない」と感じる出来事がすごく多かった。

「大人になってまで家族のせいにしてみっともない・・」と思う人もいると思います。
「親がいるだけいいだろ」とか「育ててもらった恩があるだろ」とかね。

なの
なの
わたしもずっとそう思ってました

ずっと自分の「悲しい」「怒り」の気持ちに蓋をして、「仲良くしたい」と思い込もうとしてきました。

家族に無視され続けたわたしの気持ち、自分自身でも無視し続けてしまって、大人になって大爆発してしまったんです。

トイアンナさんのツイート、とても沁みる・・。

なの
なの
だから、自分の感情は否定しちゃダメだったなって反省してる

そして、家族が非HSPでも、わたしのようにはならない人もたくさんいますよね。

仮に傷ついていたとしても、諦められるようになったり、自分の中で折り合いをつけたり、葛藤を持ちながら表面的には仲良くしている人もいるでしょう。
もちろん、良い意味で許している人もいると思います。

わたしの家族の件は一例ですが、家族問題で苦しんでいる人がいるなら「理解されないのはあなたのせいじゃない」ということをとにかく伝えたい。

過去の恨みつらみのような記事になってしまいましたが(笑)、わたしは家族と関わらない暮らしをしている今、精神的な安定を手にしました。

でも、合わない家族からは直ちに離れよう!!ということが言いたいわけではありません。断じて。

なの
なの
家族仲が良いに越したことはないし、仲良く出来るならした方が良いと思うよ

家族がいるのに孤独って、それはそれで辛いですよね。
だから、こんな人もいるよって思ってもらえたら、ほんの少し「自分だけじゃないのか」って思ってもらえるかな、と。

離れたくても色々な理由で一緒に暮らさなければならない、近くで暮らさなければならない、という人もいるはず。

辛い状況でも、どうか自分の感情は無視しないで欲しいんです。
わたしのように爆発してしまったり、プッツリ糸が切れて、取り返しのつかないことになってしまうこともあるから。

なの
なの
これでいいのかと、わたしもまだ葛藤は続いてる
ティー
ティー
その時々で自分がベストだと思う選択をして欲しいな・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です