HSP記

「誰にでもハマること」ほどつまらないことはない

こんばんは、なのです。

 

HSP的発想かもしれませんが、私は仕事なりプライベートなり人とコミュニケーションを取った後「あの発言は踏み込み過ぎたかな」「あれで正解だったのかな」クヨクヨと考えてしまいがちです。

 

無意識に相手にとっての「正解」を狙った言動をしてしまう。

媚びるというのとは違くて(世渡り下手なので)、相手に満足して欲しいという気持ちが働いて、相手にとっての「正解ゾーン」に狙いを定めてしまいます。

 

その為、派手に誰かと衝突したりケンカしたりすることはほぼ無いんですが、でも反面それって相当つまんないよな、とも思うし、まさに自分が無意識でそうしてしまっている事に最近やっと気付きました。

悪者になりたくないし傷つきたくない

f:id:nanoooo:20180220164123j:plain

そもそも「正解」って何でしょうね。性格や気質も人それぞれで、好き嫌いも千差万別。

 

HSPは気質上、コミュニケーションを取る上で「相手の欲しているもの」はなんとなくわかることが多のではないでしょうか。

・この人にはこういう対応をした方がいいな

・この人はこうしたら喜ぶだろうな

・この人はこうされたら嫌だろうな

 

人によって大きく態度を変えたり、媚び諂うことは出来ないんだけど、無意識に相手の「正解ゾーン(ここからここまでは大丈夫)」を狙って言葉の球を投げ込んでたなあとすごく思います。

 

だからずっと発信することが怖かったんですよね。

しようと思った事はあったはず・・だけど色々理由を並べて結局やらない方を選んでいたんです。

 

自分対相手(数人)なら、総合しての正解ゾーンを見極めることが出来るけど、自分対不特定多数では、それが分からない。

Aさんに賛同して貰えても、Bさんには違和感を与えてしまうかもしれないから、それが怖かった・・いや、単にそれによって自分が傷付くのが怖かっただけなんですよね。

 

不可が無いのは良さではない

f:id:nanoooo:20180220164642j:plain

人を傷つける人と、誰も傷つけない人。

最初にこの評判を聞いた時、どちらに近づきたいと思いますか?

 

私は「誰も傷つけない人」を選ぶと思います。

だって、すごく安心だから。

 

傷つけない人って、基本的には優しいし相手の事を慮る事が出来る人だと思います。

でも傷つけないということは、踏み込んで来ないという事でもあります。

 

可もなく不可もなく・・というと、万人受けされているイメージがありますが、言葉通り「不可がない」ことは「可もない」。

悪い所もなければ、これといって良い所も無い。

 

無意識だったけど正解ゾーンを狙いすぎていた自分は、まさに「誰も傷つけない人」になろうとしていたし、それが自分にとって良い事だと思っていました。

 

傷つける覚悟・傷つく覚悟

f:id:nanoooo:20180220164936j:plain

私が持つ「誰も傷つけたくない」という気持ちは決して優しさではなく、「だからこそ自分も傷つきたくない(私も傷つけないからあなたも傷つけないでね)」という心理の現れだと思っています。

 

海援隊贈る言葉の歌詞に「信じられぬと嘆くよりも人を信じて傷つく方が良い」とありますが、確かに人間不信になるのも辛いけど、私は正直自分が傷付くとわかっていてもそこに飛び込んで行く方が怖い・・。

いつもどこかで予防線を張って、傷ついた時に言い訳が出来るように、「やっぱりね」と正面からそれを受けなくて済むようにしてしまう弱い人間です。

 

まだ傷つく覚悟なんてあるとは言えないレベルだけど、こうやって自分の考えを発信していく上では絶対に誰かに何かを言われたり思われたりしているでしょう。

でも、やりたいのに「傷つきたくないし」と逃げていた1ヶ月前までの自分よりは、多少成長出来てると信じたい・・。

 

傷つける覚悟より、私は自分が傷つく覚悟がまだまだ足りない。

 

綺麗事が何より嫌いだし人間くさい人が好き

f:id:nanoooo:20180220165512j:plain

全員に好かれるなんて絶対に不可能だし、「私は人を傷つけたくない」「傷つくのは私だけで充分」はやっぱり綺麗事だと思ってしまいます。

「傷つけたくない」は自分のエゴだし「自分だって可能であれば傷つきたくない」です

 

それに心があるんだから、傷つくという感情が備わっている以上は避けられません。

どんなに予防線を張っても傷ついてきたしね・・

 

もちろん相手の気持ちを考えずズケズケ言うのはどうかと思うし、相手との良好なコミュニケーションを考えたとき、「相手の正解」を狙うこと自体は別に悪い事ではないと思います。

ただ、自分はそれをしすぎていたな、と。

 

「誰にでもハマる」ことは自分の心は楽だけど、その分誰の印象にも残らない。

万人ウケをしなくても、汚い感情も持って苦しみながら進んでいる人間くさい人が自分は好きです。

 

そりゃあ嫌われたくはないけど、そもそも私は誰にでもハマるタイプでも無いし、もう仕方ないなと思うことにして、傷つくリスクごと抱えて生きていきたいなと思います。

 

好きな人たちにハマればもうそれでいいなと。

若干思い込もうともしてますが(笑)、今はこのまま歩いていこうと思います。

数ヶ月後の自分がこれを読んで、どう思うかが楽しみです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です